脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィラ・フローラ
2008年08月30日 (土) | 編集 |
車椅子 グランドホテル・ティメオで まさかの "お部屋チェンジ交渉" となったのですが
ほどなく係のかたが新たなお部屋に案内してくれることになりました。
別館「ヴィラ・フローラ」です。

timeo4

スロープを登るとドアのところに10cmの段差がひとつあったけど、まっいっか。

部屋は203号室、天井高が5m以上ある素晴らしい空間です。
今度はちゃんとバスルームに入れます。ヨカッタ。洗面台が2つあるのもGood GOOD

timeo5

で~も~、残念ながら洗面台の使い勝手はいまひとつ。顔を洗いにくいんです。
片手の手のひらに水をすくって小動物のように(?)ピチャピチャと顔を洗ってみた
ところ、あごのしずくがシンクに収まらず自分の胸元にどんどん流れていきます。

洗面台が高すぎてあごの位置とシンクの位置が合わないんですワ。

ちなみに両手を使って水をすくうともっと悲惨なことになります。片手のときよりも
シンクに顔を寄せられない体勢になるので、洗ったあとの水はすべて自分のヒザの
上にジャーっと落ちていきます。

ちょっとうまく表現できないんだけれど、この不快感、車椅子の経験がない人には
理解できないのかも~。

結局 顔を洗うというよりは、顔を濡らすだけ。
化粧おとしの「ふくだけコットン」を持参していてホント助かりましたデス。

洗面台の鏡は車椅子だとおでこしか映らないので、マイ鏡を持参したほうが良いですね。
アメニティはエトロで統一されていて充実していますが、歯ブラシは要持参ですよ。

湯船の高さは50cm 一般的な大きさで使い勝手は良かったです。

timeo6

家 Grand Hotel Timeo
Via Teatro Greco 59,Taormina
0942-23801


r 同フロアに車椅子用のパブリックトイレがありました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。