脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海岸沿いでランチ
2008年08月25日 (月) | 編集 |
車椅子 宿泊地タオルミーナへ向かう途中、ランチがてら地元の人のための小さなリゾート地
レトヤンニ に寄ってみました。6月の上旬で汗ばむ頃でしたが、まだ誰も泳いでません。
バカンスシーズン直前といったところです。砂浜沿いの遊歩道は ず~っと段差なしハート*水色×ピンクl/並べてバナーにも(´ε`)ノ(色付き背景用《ぼかしなし》)

tropical3

無造作に置かれた船barcaも、なんだかブリキのおもちゃみたいな愛らしいデザインなの。
この雰囲気だけで癒されてしまいます。

いくつものレストランが並ぶなか、私たちが選んだのは リストランテ トロピカル パラダイス
もっちろん 入口・店内ともに段差なしですよ。

tropical1

駐車場が無いから路上駐車しちゃったけど大丈夫なのかどうかを店の人にたずねると
「ここはシチリアなんだよ~ !!」 と大笑いで即答されました 絵文字名を入力してください

私がいただいたのは、前菜が カラマリのフリット、第一の皿が ウニのパスタ、第二の皿が
カジキのグリル。どれもボリュームたっぷりでドルチェにはたどり着けませんでしたYO !
凝った料理ではないけれど 素材の良さをダイナミックに生かしたストレートなお味です。
ワインはドンナフガータのキリリとした白アンシリアを合わせて大正解。
いきなりシチリアらしさを満喫できたお昼ご飯でした。

そういえば、イタリアのレストランの店内って こんな感じ↓Gで暗いところが多いです。
大きなシャンデリアが下がってたけど、点いてないしっ。いい意味でナチュラルってゆーか。
そのぶん 外の海の青さが引き立つわけでして、結果オーライ。
窓が大きくて気持ちいい !

tropical2

タオルミーナに着いたら食べたいものがいろいろあるので控えめにしようね、って言ってた
のに 二人とも満腹越えをしてしまいました。自己管理能力まるでなし。

アップロードファイルRistorante TROPICAL
0942-37341 LETOJANNI (ME)

さて、次に向かうのは 私が何年も憧れ続けていたお宿、タオルミーナの
「グランドホテル・ティメオ」です。5つ星のさらに上をいく ★★★★★L なんです。

ワクワク !


r L は lusso = ラグジュアリーのことなんだとか
コメント
この記事へのコメント
早速のコメントありがとうございました。
行った方の情報はありがたいです。
主人は何回もイタリアには行っているのにハンディを持つといろいろと不安になるようです。
これを機会にいろいろな所に行きたいなあと思っています。
いくつの都市に行けるかなあ~
やすキチさんの今回の旅行はどんなルートで回って来たのですか?
2008/08/26(Tue) 22:37 | URL  | yamakinu57 #-[ 編集]
yamakinu57さん こんにちは。ブログにアップされた旅行プランを拝見してきましたよ。素敵ですね。
私が今書いているのは2007年の旅行記録なのですが、今年は5~6月に30日間の旅をしてきたんです。往復はKLMで、ミラノから入りベネチアから出ました。北イタリアを中心に3,000kmレンタカーで激走です。ブレーシャ、ボルミオ、ラヴェンナ、パドヴァ、トレヴィーゾなど・・・それからベネチア発着の客船クルーズでイスタンブールやドブロブニクといった東地中海を廻ってボケ~っとして過ごしてきました。帰国後 社会復帰(?)に2週間かかりましたとさ。
2008/08/27(Wed) 00:06 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。