脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パレルモの市場
2008年06月18日 (水) | 編集 |
車椅子 クルーズ6日目は車椅子でパレルモめぐり

パレルモはイタリア・シチリア島の州都。
街なかは石畳で車が多いエリアです。
横断歩道を渡りたくても縁石が隅切りされていなく、いちいち15cmの段を降りたり
登ったりしなければならず、しかもその縁石が微妙に欠けていたりして、車椅子の
車輪がしっくり当たってくれません。
車椅子での段差越えは得意分野ですが、これじゃ実力発揮できません。実に不便。
たまに車道を通らざるをえないのだけれど、車はおかまいなしに走っています。
ふんっ、負けないもんねっ焦る

ここでもナポリでお世話になった 「シティ・サイト・シーイング」の赤いバス
観光してみました。港前にバス停があります。
ナポリのときの乗車券を見せると、20ユーロがリピーター割引で10%オフ !

パスは低床で、車椅子用にスロープがしゅるっと出てきます。

スロープ

ルートは2つあり、どちらも1時間でひと廻りしてスタート地点に戻ります。
もちろん日本語イヤホンがついてますよ。

Aコース ポリテアーマ劇場 → マッシモ劇場 → クアットロ・カンティ →
ステーリ宮 → 植物園 → 中央駅 → 王宮 → カテドラーレ → ヴッチリア

Bコース ポリテアーマ劇場 → イギリス庭園 → マルフィターノ宮 →
ツィーサ城 → カーポの市場 → マッシモ劇場 → 港

ひととおり観光をしてから、ヴッチリア市場 でバスを途中下車しました。
パレルモは市場が刺激的。道の石畳がでこぼこしていたり、魚屋から流される水で
道が濡れていたり、車椅子でのアクセスは決して良いとは言えないけれど、
おもしろいものを見たくて、食べたくて、頑張ってこいだのでありま~す。

milza

早速 パニーニ・コン・ミルツァを食らう !
なんと牛の脾臓を煮込んだモツバーガーです。
ゲッ・・・と思ったのも一瞬だけ。塩気がほどよく、旨~いおいしい
他にもゆでだこの屋台があったり、正体不明な動物の肉がパーツごとに( ? )
ぶらさがっていたりで、不思議ワールドを満喫しました。

市場のからすみ売り。無造作にぶらさがってます。

bottarga

ここのからすみは、ボラじゃなくってマグロの卵よ。(100g 12ユーロ)

最後の寄港地赤イカリ☆リン作 パレルモでした。

P1000349

r 次にバルセロナに着いたら、船旅が終わってしまうのさ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。