脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バルセロナから客船へ
2008年03月27日 (木) | 編集 |
車椅子 車椅子で客船の旅 西地中海クルーズの1日目

まずはじめに・・・
クルーズなんて相当お金がかかるんでしょ なんて思っているアナタ !

それは とんでもない思い込み。
クルーズは安上がりだし、とっても便利で楽しい旅なんですよ。

部屋代と1日3食、そして船での移動がコミコミで1日12,000円位から。
夜間に移動していて、朝起きると毎日新しい土地に到着します。

20080327

今回乗ったロイヤルカリビアン社の 「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」
お客さんが3,000人以上も乗れる巨大客船で、さらに従業員が1,000人乗ります。
船の大きさは、あのタイタニック号の3倍、高さは20階建てのビルと同じ !
部屋数は1,500室以上というから、実に帝国ホテル(東京)の1.5倍の室数に相当します。
巨大ホテルがそのまま海の上を移動してるっていう感じですね。

そして、なによりスゴイのが
船内のどこへでも車椅子で行ける ということ。



西地中海7泊8日の旅はスペインのバルセロナから始まり、バルセロナに戻ります。
12:00乗船開始のところ、私と旦那さまは15:00にターミナルに到着しました。
目の前には乗船前のチェックインで400人以上の長蛇の列が。
これじゃ乗るのに1時間かかっちゃうよ・・・と思いきや、

係の人が声をかけてくれ、混雑していないスイートルーム用のカウンターで
チェックインを済ませてください、と案内してくれちゃいました。
スイートのゲストじゃないのに。ラッキー!

わずか5分でチェックイン完了です。アメリカの船なので車椅子ユーザーに対する
ホスピタリティがスマートで徹底しています。幸先のよいスタートを切りました。

乗船口に向かう途中に売店を発見。
旅の最中に部屋で飲む水は、ここでまとめ買いするのがおすすめです。
(1.5Lペットボトル×6本入りで8ユーロ)

r ←励みのポチッ 車椅子で客船の旅、どんどん続きま~す。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
やすキチさんも、ロイヤルカリビアン社のボイジャーシリーズに乗船されたのですね。
私はナビゲーター・オブ・ザ・シーズに乗りましたが、あれが船旅の初体験だったので、度肝を抜かれましたよ!

帰国しても尚、あの世界を引きずっていて、なかなか現実の生活に戻れなかったくらいです。
この感動は、経験者にしか解りませんね。(^-^*)(。。*)

次回は、主人がリタイヤした頃にお祝いとして乗船したいと思っております。

どの記事も写真満載で、説得力があり、興味深いものばかりです。
ちょくちょくお邪魔しますね。(^。-)-☆
2008/08/20(Wed) 19:00 | URL  | うさぎ #-[ 編集]
うさぎさんへ
こんにちは。客船の旅はホントにおすすめですよねぇ。
最近コスタセレーナに乗ってきたので、またレポートしようと思います。また遊びにいらしてくださいネ。
2008/08/20(Wed) 19:33 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。