脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車椅子でユーロメッド
2008年03月25日 (火) | 編集 |
車椅子 2007年6月2日(土)
バレンシアからバルセロナへ、スペインの新幹線 ユーロメッド で移動です。

バレンシア北駅は、とってもバリアフリー。
駅舎に入るとすぐにホームが見えていて、こぎまわる必要がなくホッとしました。

お昼どきの旅なので、食事ごはん がついているプレフェレンテクラス(1等車)にしました。
アレルギー、ベジタリアン、糖尿病、イスラムといった特別食の用意もあるとか。

seat

車椅子のまま乗ることのできるスペース 1号車の 1H も捨てがたいのですが
私の車椅子は走行性を良くするために背もたれを低くしており、車椅子のまま
列車に揺られると どうもリラックスできません。
ひとりぼっちのスペースで過ごすのも つまらないし・・・

そんなわけであえて通路向かいの座席 2BC を事前予約し、座席に移って
過ごすことにました。

プレフェレンテクラス(1等車)の場合、出発までの間 ホームのすぐ脇にある
専用ラウンジで休憩できるんですよ。

これはラウンジ内ソファー、ま~ったり落ち着きます。

train

drink

飲み物やお菓子がいろいろあって全部無料。 で、気の済むまで(?) 水分補給です。
冷たいチョコレートドリンクが気に入りました。

新幹線 ユーロメッド予約のしかた

日本の会社 ミキツーリスト や プレステージジャパン 等で予約でき、旅行前に実券を
受け取ることができます。
Renfe(レンフェ/スペイン国鉄)のHPでも直接購入できますが、見慣れない入力項目が
あったりして難解なので、あまりおすすめできないかも。

r

コメント
この記事へのコメント
車いすで電車に乗っている時の”あの揺れ”は、車いすユーザー出なければ理解できないでしょうね。通常の座席に移れば体への負担が軽減されますね。それにしても、ヨーロッパのバリアフリーは日本より進んでいるようでうらやましいですな~
2008/03/28(Fri) 21:39 | URL  | NAGたま #L1x6umnE[ 編集]
NAGたま さん
車椅子のまま電車やワゴンタクシーに乗るのって疲れますよね~。例えるならば、ハイヒールを履いた女性が電車の中で立ってる感じかな。不安定でずっこけやすくて、どこかにガッチリつかまってないと重心がフラフラしちゃう。
2008/03/28(Fri) 22:38 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。