脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめの夕食ボンボヤージ ディナー
2015年01月25日 (日) | 編集 |
車椅子 コスタセレーナ1回目の夕食、ボンボヤージ ディナー (Bon Voyage Dinner)。
なんと日本語メニューが出てきましたよ、これは便利

前菜、スープ、パスタ、メイン、サラダ、チーズ、デザートの各カテゴリーから1品ずつ
好きなものを選びます。バラエティーに富んでいるので好き嫌いで悩まされることも
ありません。ベジタリアンメニューも一緒に記載されていますよ。
品数が多すぎると感じる場合は 途中を省略するといったリクエストもできます。

costaserena_dinnermenu.jpg

デナー、オーベン焼きなど ちょっと誤字の多いメニューなんだけど 日本語というだけで
料理の内容が確実にイメージできます。

costaserena_dinner.jpg

今回 コスタセレーナには日本人乗務員がおひとりいらっしゃいました。
前回のロイヤルカリビアン社のクルーズには無かったことだし、今回も部屋に入る
まで知らされていなかったので とても驚きました。

部屋のベッドの上に日本語の船内新聞が用意されており、今日は日本語での
説明会があるから来てね、との記載。
説明会には3組の日本人客が参加しました。

日本語でお世話してくれる乗務員がいてくれるのなら、海外クルーズの
日本人客も今後増えてくるでしょうね。

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。