脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめの寄港地バーリ(Bari)はイタリアのかかと
2015年01月30日 (金) | 編集 |
車椅子 ベニスを出発してアドリア海を航海するコスタセレーナ
2日目に入り はじめの寄港地はバーリ、イタリア地図のかかと部分です

だけどここでのフリータイムは11:30~14:00の2時間半しかありません。
港からの観光ツアーはバスと自転車の2種類。

私たちは観光には出かけず、軽く港の回りを散策してみましたよ。

コスタセレーナバーリ1

コスタセレーナバーリ2

港の建物は立派で綺麗、そして車椅子のスロープも完備していて快適でした。

お昼どきということもあり、ゲストのなかには船の外に遊びにいかない人も結構
います。船内のアクティビティが充実していて、寄港中といえどもプールサイド
ではダンス講習があったり、スパではエアロビクスがあったり。

14:30に再び出港してからは 早々に避難訓練がありました。
訓練はどの客船でも必ず全員参加で行われます。
部屋に常備しているライフジャケットを身につけて それぞれ指定の集合場所に
集まるというものです。

この日の催しでちょっと変わっていたのは、夜のディスコでのシングルスパーティ。
ひとり旅の人たちが集まり 友達を作ろうという企画です。

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。