脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ねぎま鍋」の名店へ車椅子で行く
2013年01月03日 (木) | 編集 |
車椅子 江戸の風情で夜ごはん。

江戸名物の「ねぎま鍋」が食べられる店として知られる「よし梅」(よしうめ)
人形町本店へ行ってきました。

元々は芸者の置屋だったという歴史ある一軒家です。
戦災をまぬがれたとのことで、外観からして情緒があるんです。

だから車椅子で行くのは無理だろうと ずっと思い込んでいたんですよね。

だけど 行ってみるもんです。全然大丈夫だったんですよ。
車椅子ユーザーも楽しめる「よし梅」、早速ご紹介します。

完全な段差解消はされていないけど、この入口なら許容範囲でしょ。

P1080718.jpg

P1080719.jpg

敷石がまっすぐに続く玄関口、渋くてカッコイイです。
車椅子ではちょっとガタゴトするけどね。
ガラスが埋め込まれた昔ながらの引き戸は幅70センチ程度。
カラカラと戸を開けて段差5センチをひとつ乗り上げ ひとりで店内へ入る
ことができちゃいました。

「よし梅」といえば御座敷や掘りごたつが中心ですが、車椅子のまま
食事ができるカウンター席とテーブル席があります。

カウンターは白木の一枚板。車椅子と同様の高さの椅子なので、連れと
同じ目線でおしゃべりできます。
鍋コースは8,000円、10,000円、12,000円の3種類。
カウンターでも問題なく鍋できますよ。

4人がけのテーブルは2組あります。どちらのテーブルも背後が狭いため
車椅子はコンパクトなものを持参するか、椅子にトランスしたほうが
よさそう。

「よし梅」の創業は昭和2年。
今では考えられないことですが、かつて人々はまぐろの赤身を好んで
いたため、トロは捨てられていたそう。
そこで"うめさん"がトロを利用して、軽く火を通し野菜を加え食べやすい
メニューを考えた、というのが「ねぎま鍋」のはじまりなんだって。

下町情緒と江戸料理をいまに伝える「よし梅」。
都会の喧騒が遠のいていく、そんな不思議なタイムスリップしたひとときを
楽しんでみてください。

よし梅 人形町本店
東京都中央区日本橋人形町1-18-3
TEL : 03-3668-4069

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。