脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「プリンスリゾートアーゾロ」で1泊
2012年06月12日 (火) | 編集 |
車椅子 バッサーノ・デル・グラッパの近辺で1泊分のホテルを予約していなかった
ことが旅の途中で判明。ゆっくりホテル探しをする余裕もなかったので、
車椅子での使い勝手にこだわらず、何の期待もせずにブッキングしたのが
「プリンスリゾートアーゾロ」というホテルでした。

広~い敷地の中 小高い丘の上にポツンと立つ建物。

PrinceResortAsolo2.jpg

PrinceResortAsolo3.jpg

PrinceResortAsolo1.jpg

行ってみたら 建物の正面入り口に階段が30段以上あり。
しまった ! 失敗か ?

でも、事情を話すと すぐに業者さん用の搬入口に車を横付けするよう案内
してくれ スタッフ用エレベーターを使って段差なしでホテル内にアクセス
できるよう配慮してくれました。

お部屋も種類の違うものを二つ見せてくれて 使いやすいほうを選ばせて
くれて大助かり。

ホテルはオーナー夫婦と20代の息子さん、娘さんによる家族経営で
とても親切です。到着時にはホテル内を案内してくれたり、バルコニー
から景色の説明をしてくれたり。
なんだか知り合いの家を訪ねたかのようなホッコリ感がありました。
朝食タイムに親子で手際良く働く姿は 見てるだけで気分がいい。

インテリアも素適で愛らしく、居心地のよいホテルでしたよ。

PrinceResortAsolo4.jpg

PrinceResortAsolo5.jpg

PrinceResortAsolo6.jpg

親しみがあるけど 決してでしゃばらない、そんなナチュラルなもてなしに
上質なホスピタリティを実感しました。

「はじめての日本人のお客さんなのに1泊だけなんてもったいない」
チェックアウトのときにホテルのご主人がそう言ってくれたのが印象的。
あと何泊かしたら このホテルの良さをもっと知ることができたでしょう。

お部屋は 最も安いカテゴリーを選んだため狭く、車椅子ユーザーに
とっては満点とは言い難いところがありますが、バスルームは便器や
バスタブに車椅子を横付けできるスペースがありました。
単独での利用は難しいですが 少しの介助があれば宿泊は可能です。

Prince Resort Asolo
Via S.Margherita, 43
31010 Fonte

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/06/12(Tue) 22:05:46 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。