脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ダ・マリオ」の夕食
2012年04月14日 (土) | 編集 |
車椅子 温泉地 モンテグロット にあるレストラン。
店の前には車を何十台も停められる広~いパーキングがあります。
イタリアでは毎度駐車スペース探しに悩まされますが、ここなら安心。

damario1.jpg

damario2.jpg

入口は 車椅子ユーザーの天敵、回転ドアになっています。
・・・が、横に普通のドアもあって開放されていたので、車椅子でラクに入れました。
店内の通路も非常に広く 快適に過ごせます。

訪れたのは19:30頃、スーツ姿の男性グループがいたり、小さな子供をつれた
ファミリーがいたり、いろいろな年齢層のかたが来ています。
メイン料理とエスプレッソだけを注文している人もいて、好きなボリュームで
気軽に食事を楽しめる感じかな。

damario3.jpg

メニューは、前菜が8ユーロ、パスタなら9ユーロ、メインは14ユーロ、
付け合わせは4.5ユーロ、デザートは6ユーロといった"均一料金"になっていて
とてもわかりやすいです。
値段を気にせず 食べたいものだけをピックアップすればいいの。

日持ちのしないフレッシュなチーズをつかった前菜や、手打ちのパスタなど
どれも魅力的なラインナップです。お魚料理は海老やサーモンがありましたが
どちらかといえばお肉の煮込み系やグリルが中心のお店です。

コペルト(席料)も2.5ユーロ、コーヒー1.5ユーロと良心的ね。

地域の人に愛される、気軽だけど真面目な料理を作ってくれるレストラン。
普段づかいでリラックスできる 貴重なお店ね。

あとで知ったんたけど、ガンベロロッソで1フォルケッタ、ミシュランで
2フォルケッテの評価が付いてたよ

Da Mario
Corso Terme,4 Montegrotto Terme
(パドヴァの南西10km)

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。