脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉まんじゅうではなくて
2012年03月30日 (金) | 編集 |
車椅子 宿泊したモンテグロットの町からわずか3キロのアバノテルメという
温泉地へ ちょっと立ち寄り。

ホテルの数も多く 町なかにあるショップも洗練されて高級志向です。
日本の女子がリゾートとしてテルメ(温泉)を楽しみたいなら、
私が泊まったモンテグロットよりも、アバノテルメの町のほうが
雰囲気いいかも。

アバノテルメのお菓子屋さんでみつけたマルツァパーネ
泥パックでつかうバケツを模しています。

eliseo7_20120325204048.jpg

温泉地のご当地お菓子ってことですね。
アーモンドを使ったお菓子で、日本ではマジパンと呼ばれています。

で、こっちはホテルエリゼオにあった 本物の泥入りバケツ


eliseo6.jpg

バケツにたっぷり入った泥は、半年以上ねかせることでクロロフィルの
値が上昇し、パックの効果がより高くなるんだとか。

泥パックには ひとりあたり20キロもの泥を使うんですって。

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。