脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアの温泉宿
2012年03月25日 (日) | 編集 |
車椅子カランドレ参り」を済ませたら せっかくなのでパドヴァも観光して
いきたいよね、と急きょ いつもの Booking.com のサイトでパドヴァ近郊の
ホテルを2泊予約しました。

街の名前はモンテグロット・テルメ。

観光地であるパドヴァ市内のホテルに普通に泊まればいいものを、なぜか
テルメ(温泉)という癒しの地名に惹かれちゃいまして・・・

この街の「エリゼオ」というホテルに決定

地味~な外観です。敷地内のパーキングからロビーまでバリアフリー。

eliseo1.jpg

モンテグロットという街は 古代ローマ時代からわき出す温泉地で、全身の
泥パック(ファンゴ療法)が目玉。ミネラル分の多い源泉と、良質の湖泥を
混ぜて半年もかけて熟成させた泥をつくるそうです。
これを目当てに3連泊以上するのがイタリアでは一般的。
美容やダイエットにもいいけれど、リウマチや関節痛などに有効だって。
(イタリアでは治療費として健康保険の適用になります。)

ホテルのHPではキレイなお姉さんが施術を受けている写真ばかり
でしたが、実際に館内をバスローブ姿で歩いているお客さんはほとんどが
お婆さんだったような・・・ま、いっか。

6月上旬の平日、ホテル内はガラすき状態。
85室ありますがこの日の宿泊客は10組未満と思われます

泥パック前の問診と施術をするのは、白衣をきた男性で、血圧などの
メディカルチェックを経てパックの温度や時間が決められます。

施術するフロアを見てみましたが、車椅子ユーザーの私が
「台に横たわって泥パック」→「シャワーへ移動」→「湯船で温浴」という
流れをこなすのは大変だなぁと感じて やめとくことにしました。
マイ車椅子や介助の旦那さまが泥まみれになるのもなんかイヤで。

もちろん顔だけの泥パックや、泥を使わないアーユルヴェーダや指圧、
ロミロミなどをはじめ、さまざまなコースがあります。これらは女性の
エステティシャンが行うとのこと。カップルで施術を受けるのもOK。
でもね、たった2泊の滞在中にエステと観光の両立は厳しいなぁ・・・
で、結局見送り。温泉に来た意味なし !? だよね。

コスメフリークさんならきっと「もったいな~い」と思うことでしょう。
日本でファンゴの瓶詰め買うとすご~く高いけど、ここなら全身を
ファンゴ漬けにしてもらって50ユーロ程度ですから。

泊まったついでなのでホテル内のアクセスを紹介しておきましょ。
ファンゴに興味のある車椅子ユーザーがいるかもしれないし、ね。

eliseo2.jpg

部屋の床は木目調のビニールで高級感はありませんが、このほうが
車椅子ユーザーにとっては走行が軽くて過ごしやすいです。
ベッドの高さは50センチですから車椅子からのトランスがし易いですし
マットは固めで使いやすいですよ。

テラスへの段差はわずか5ミリで快適。

eliseo5.jpg

バスルームのドア有効幅は68センチあります。
アメニティは石鹸とシャンプーのみでシンプルでした。

eliseo3.jpg

eliseo4.jpg

ドライヤーにも手が届くし、洗面台の高さは79センチでひざが奥まで入り
使いやすいつくりになっています。
このホテルには車椅子専用の部屋は無いそうです。

Wifi全域無料とのふれこみだっだけど、部屋や廊下ではうまくつながらず
ロビーの周辺のみ使えました。

ホテル内のエレベーターは手動の扉がついた珍しいタイプですが単独でも
問題なく乗り降り可能。

ホテルの向かいには商店が30ほど集まったエリアがあり、女性向けの
リゾートウェアのお店や、電気屋、銀行、1ユーロショップ(百円均一)等
どのお店も車椅子で入れるようになっています。

Hotel Eliseo
Via Stazione, 12/A 35036 Montegrotto, Padova
www.eliseo.it

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。