脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始の過ごしかた
2012年02月11日 (土) | 編集 |
車椅子 あらま・・・また更新忘れてる。
スポンサーサイト出ちゃうし

今更ですがお正月のお話しましょ
今年のおせちは青山の ランス・YANAGIDATE 二段重でした。

yanagidate

結局 元日まで待ち切れずに、大晦日の夜に食べはじめちゃいましたけどね
お肉料理のバリエーションが充実していてゴージャスでした~。
塩漬けにした豚肉のテリーヌ、鴨のコンフィ、ローストビーフなど どれも
手作りできちんと作られていて、美味しかったです。

特に赤ワインがグイグイすすんでしまったのが 豚肉のリエット。
買っておいたライ麦のクリスプブレッドにのせたら、これまた最高。
まさに肉食系おせち。
重箱の底が見えている料理もいくつかあり、昨年話題になったスカスカおせちを
彷彿とさせるものがありましたが、そんなの気にしな~いっ

二段で約四人前ということですが これまでに購入してきたおせちと比べると
ボリュームは控えめのような。それとも我々夫婦が大食いなのかなぁ!?
(ランス・YANAGIDATE お店訪問記は コチラ)



お正月には帝国ホテル本館の讃アプローズという和食ダイニングに
家族が集まりランチをいただきました。
なだ万が運営しているレストランです。

applause.jpg

エレベーターからお店までの通路は平らですが距離が長く、絨毯敷きです。
手の力に不安がある車椅子ユーザーは連れと一緒に行くほうが無難よ。

讃アプローズ」は和食店の一般的なイメージとは異なり、黒をテーマにした
シックなおしゃれ系のお店。エントランスは小さなダウンライトが天井から
何か所か当たっている程度で、視力の弱い母にとってはテーブルにたどり着く
までが暗くて不安だったそうです。

ホテル内の和食といえば年配のお客様も多いでしょうから、お店の中は
カッコつけるよりもユニバーサルデザインを優先してほしかったなぁ。

テーブルは若干低く、車椅子車椅子(オーエックス)では ひざがテーブルにぶつかって
しまいます。フットレストをはね上げて、足を床に降ろすことで対応しました。

メインダイニングには大きなガラス窓があって外からの自然光がたっぷり
差し込んでいるのですが、これがすご~いクセモノ。暗すぎる室内との
コントラストのせいで、私よりも窓寄りに座っている家族たちの顔が
真っ黒なシルエットにしか見えないのです。表情の見えない家族との会食という
のは、かなりのストレス。お正月の集まりにはちょっとふさわしくなかったかも。
(ちなみに私の視力はコンタクトをしていて1.5ありますよん)

お料理はお正月期間用のメニューになっていて1万円のコースをいただきました。
前菜は少量ずつで、お刺身は薄切りの極小カット、メイン料理は肉か魚のどちらか。
1万円のランチでメインが1種類だけかぁ・・・
しかも全然お腹いっぱいにならなくて、炊き込みご飯をおかわりしちゃったし。
ほら、やっぱり大食いなのかもね、私。

でも、デザートが5種類からひとつ選べるのは嬉しかったですね。
デザート良ければ全て良し、ということなんだわ、きっと (・・・と自分を納得させる)
他のお安い価格帯のコース(5000円)と献立が一部だぶっていたのも残念なポイント
でしたが、お正月だから勘弁してあげよう。

ここはディナータイムの接待利用のほうが向いているのかもね~

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。