脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンマリノ共和国へ日帰り旅
2012年02月13日 (月) | 編集 |
車椅子 ラヴェンナからサンマリノ共和国まで。
車椅子でレンタカー日帰り旅行です。

サンマリノは東京 世田谷区ぐらいの大きさしかない小さな国ですが、法人税
税率が低いから外国企業の本社がたくさん置かれているんだって。
車やバイク のレースが好きなヒトならピンとくる地名でもありますね。

車がサンマリノに近づくにつれて 急斜面の丘の上に城壁がニョキニョキと連なる
様子が見え、下から見上げるだけでも一見の価値アリです。

途中 駐車場が何か所か現れますが、早々に駐車せずズンズン進むのがコツ。
なにしろ目的地は急な坂道だらけですから 車椅子ユーザーとしましては 許される
ところまで車のまま上がらなくちゃね

最終の屋内駐車場に車を停めたあとはいくつかのエレベーターを乗り継ぎながら
上へ上へ。

marino1.jpg

marino2.jpg


この登り坂はきつかったよ~

自力で1メートル登ったところでフリーズ状態。もうギブアップ。
だってさ~、もし手を車椅子のリムから離したら後ろに走って行っちゃうもん。
そりゃもう恐怖ですわよ

結局 介助者である旦那さまのためのトレーニングコースに早変わり。
ヒーヒーハーハー、全力で押してもらったのであります

坂道では左右にお土産屋さんが立ち並び なんだか楽しげですが
私もそれどころではなく・・・
顔を上げると重心が後ろに傾いちゃうから、うつむいて地面を見つめたままよ

・・・で、坂の上にはパラダ~イス カフェやレストランが待ち構えてます。
イタリア人観光客がほとんどです。

marino3.jpg

marino4.jpg

坂の上にて
え? なんで? こんな高台まで車で来ちゃっていいの?
私たちはえらい苦労して登ってきたのにぃ・・・
と思ったらどこかの要人さんの車だとさ。

車椅子ユーザーの車もここまで上がらせてくれればいいのにね。

リべルタ広場にあるサンマリノ政庁前です。

marino6.jpg

本来は衛兵交代をやっているし庁舎に入って議場見学もできるそうなのですが、
この日はどっちもお休み!

庁舎で公式行事があるからみたいよ。残念。
要人の車はそのために庁舎わきに停まってるのね。

丘の上から見下ろす大パノラマは素晴らしく、ちょっとした登山チックな気分を
味わった1日となりました。

基本的には階段を使う必要がなかったので、坂道さえ我慢できれば
車椅子でもなんとかなるのですが、途中故障しているエレベーターが
ひとつだけあったのが残念でした。
(下に降りたかったので 旦那さまの介助で後ろ向きにガタンガタンと階段を
豪快に下りて解決)

帰りがけに駐車場の料金支払い窓口のところで車椅子トイレを発見。
窓口で鍵を借りて利用するシステムでした。

旅をしていると毎日が日曜日のようで、曜日の感覚が鈍くなってしまいますが
この日は土日祝の3連休最終日だったらしい。
往路はラヴェンナから車で1時間で来られたのに 帰りは行楽帰りのファミリーたちの
車で大渋滞に巻き込まれ4時間もかかってしまいましたよ。

サンマリノの消費税はゼロ
だから車のガソリンは満タンにしてから帰りましょうね。

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。