脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教会でモザイク観賞
2011年09月28日 (水) | 編集 |
車椅子 ラヴェンナは小さな街なので1日あれば大抵のものは見ることができます。
早速 ラヴェンナを代表するスポットへGO

サン・ヴィターレ聖堂でモザイク観賞よ。
Basilica di San Vitale


世界遺産であります

まずは同じ敷地にある考古学博物館へ行き、共通入場券を買います。
切符売り場まではスロープ  ゆるやかな斜面で車椅子に優しいです。

Basilica_di_San_Vitale.jpg

障害者1人と、その連れ1人まで無料なんですって。
日本と違って「障害者の証明書は?」なんて野暮なコトは言われませんよ。
無料(Gratis)と印刷されたチケットをいただきました。

切符売り場を出て、目的のサン・ヴィターレ聖堂へ。
レンガでつくられたカトリック教会のバシリカで 八角形になっています。
その正面入り口はコチラです。


Basilica_di_San_Vitale3.jpg

入口に向かう最中「車椅子だったら この正面入り口から入るよりも、
出口から逆に入ったほうが段差がなくてラクですよ」と係のかたが
声をかけてくれました。

Basilica_di_San_Vitale2.jpg

で、真裏にある出口へ廻ってみたら こんな感じ

たしかに段差がありませ~ん らくらく~

この聖堂、外観はシンプルでしたが 中は6世紀の豪華なモザイク装飾が
隙間なくうめられていて とってもゴージャス。

Basilica_di_San_Vitale4.jpg

このあと敷地内に隣接している小さな小屋のような ガッラ・プラチーディア の
霊廟にも行ってみました。中のモザイクも満点の星に囲まれたような
不思議な空間で一見の価値あります。
入口に段差がひとつだけありますが、後ろからの介助があれば車椅子で入れます。

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。