脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観音崎のスパで過ごす
2009年07月03日 (金) | 編集 |
車椅子 車椅子で行く観音崎京急ホテル、続編です。

このホテルに私が泊まりたいワケ、それは別棟にSPASSOという温浴施設があるからなんです。
敷地内で近いとはいえ、ホテルからはSPASSOまでは急な坂道になっていますので車で移動
したほうが車椅子を押してくれる人にはラクかも。
車は建物入口のすぐ近くに停めることができますよ。

keikyu_4

エントランスの自動ドアはフラット、その先の玄関の段差は低めの1段ですが カーブがついて
いるので単独では少し登りにくくなっています。皆さんはここで靴をぬぐので、車椅子ユーザーは
雑巾を持参するか目の前のフロントで借りるかして 車椅子のタイヤをキレイに拭くとよいでしょう。

keikyu_5

メインフロアの2階へは皆さん階段で移動しているようですが、もちろんエレベーター完備です。

男女別の更衣室はフラットで広々しており、ロッカーや化粧台も車椅子で使用できます。
(ただし車椅子専用の更衣室はありません)
女性用更衣室には長椅子があるので、車椅子から移乗して長座位(足を伸ばして座ること)で
服の着脱ができました。

浴室へ入るドアもほぼフラット(1cm程度)で 難なくクリアできます。
ただし 浴槽は床面から掘り下げて作られていて 歩けない人が利用できるような配慮はされて
いません。椅子と同じ高さに湯船の高さがあれば、単独でも湯船のヘリに腰掛けてからお風呂に
出入りできるんですけどね。
床から車椅子への乗り降りができる人なら何ら問題ありませんが、そうでなければ 同性の
介助者が必要となります。(ここのお風呂は男女別なので汗)

女性のかたにはアジアンテイストのエステ「アユアラン」がいいですよ。
更衣室で指定のバスタオル(かぶりもので胸ゴム付)を着て、段差のない通路でエステのスペース
へと移動します。ベッドは高さ調節ができるものなので、最下段に下げてもらったら私の車椅子の
座面 + 5センチぐらいの高さになり、ベッドに移ることができました。

天然アロマでのマッサージが たまった疲れをほぐしてくれて 心も体もリフレッシュ8分音符-x2Beamed*Cherry(色付-暗い背景用) †SbWebs†

まさに東京から行く 「週末リゾート」です

マンション SPASSO -スパッソ 神奈川県横須賀市走水2(観音崎京急ホテル内) TEL:046-844-4848
http://go-spasso.jp

r 日帰りもできます。駅からの送迎バスは車椅子対応ではなかったけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。