脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽田空港 国際線駐車場
2011年08月09日 (火) | 編集 |
車椅子 羽田空港国際線ターミナル がオープンして10か月が経ちました。

先日訪れてみたのですが、さすがに新しいだけあって 思っていた以上に
車椅子ユーザーにとって使い勝手の良い施設でした。

今日は その駐車場利用方法を写真入りで紹介しましょ

駐車場のゲートです。
発券する前に、まずは緑色の身障者ボタンを押します。
係員の声に従いカメラに向かって身障者手帳を提示することで、身障者用の
駐車券が発行されます。券は無くしちゃダメよ。

緑ボタンは車の左右にあるので、右ハンドル、左ハンドルの両方に対応して
います。

haneda_wheelchair1.jpg

身障者用の駐車スペースは各フロアのエレベーター付近にが確保されています。
(車椅子ユーザーは車のドアを全開にしないと乗り降りができないので、
一般の駐車スペースでは幅が足りないんです)

身障者用スペースの真ん中には 一般の人が勝手に停めてしまうことがない
よう 普段は突起物が出ています。
なので再びインターホンを押して係員と会話し、突起物を下げてもらいます。
このインターホンも左右両ハンドル対応です。

haneda_wheelchair3.jpg

haneda_wheelchair2.jpg

今回は空港ターミナルへの渡り廊下が直結している3階に車を停めてみましたが、
ターミナルまで段差や斜面が全く無く 移動はとてもスムーズ。

ターミナルには電動車椅子の充電スペースがあったり、車椅子仕様のジュース
自販機があったり、補助犬専用のトイレがあったり、嬉しい工夫がたくさん

驚いたのは 一般トイレがスーツケースを持った人でも使いやすいように広く
設計されていること。手動車椅子であれば充分使える広さなわけよ。
これぞユニバーサルデザインじゃない ?

羽田空港国際線ターミナルでは「サービス介助士」による介助を受けることも
出来ちゃいます。

こりゃすごい。

空港の駅や駐車場まで迎えにきてくれるんですって~

クリックしてね 詳しくは羽田空港のHPをチェックしてみてね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。