脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京競馬場のトイレ
2011年05月11日 (水) | 編集 |
車椅子 東京競馬場馬主席にある車椅子トイレは すご~くキレイ。

女性用、男性用の間。
わかりやすい場所にあります。

P1070138.jpg

両側の手すりはもちろんのこと、背もたれもしっかりついていて体を
安心して便座に預けることができますね~

P1070139.jpg

さらに
オストメイトつき
ユニバーサルシートつき

ユニバーサルシートというのは、バーを降ろすと出てくる長椅子ね。
ちょっとしたベッドですから、着替えができるほど。

そして全身鏡までついていていたれりつくせり。

数多くのユニバーサルトイレ(or 車椅子用トイレ)を見てきましたが
パーフェクトな設備だと思います。

でもね、ひとつ残念だったのは トイレの中の張り紙。

「30分以上施錠が続く場合は、
 安全のため 自動的に 解錠します」
だって。

へえ
これってどうなのかなぁ。

30分以上外に出られないっていうことは、絶対に他人に開けられたくない
状況だと思いませんか?

どうしても解錠したいというのなら、まず利用者にドアの外から声をかけて
許可を求めるのがマナーだと思うけど。有無をいわさず解錠だなんて・・・

なんだか気分がモヤモヤする~

以上 「設備は完璧なのに、使うのが怖いトイレ」 の紹介でした。

東京競馬場
東京都府中市日吉町1-1
042-363-3141

ポチッとよろぴく 気をとりなおして次回は飲食店の紹介ねっ !
コメント
この記事へのコメント
困った人対策のようです
使用後にドアを開けて個室から出る時に、個室内の(閉)ボタンを押して出てしまう人が居て、誰もいないのに使用中になることがある為の対策のようです。
私の最寄り駅では、よくそうなって、利用出来ずに困っています。
でも、自動的に開くのではと、何だか恐怖ですよね。
2011/05/11(Wed) 21:42 | URL  | ささや #47inw2hs[ 編集]
ささやsama
ユニバーサルトイレの使い方に慣れていない人は、開閉の押しボタンをどう使うのかで迷うのでしょうね。そのあたりがちょっと「誰にでも便利」なユニバーサルの発想からかけ離れているみたいで残念。
やっぱり安心してトイレに入れませ~ん。
2011/05/11(Wed) 22:26 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
いろいろなトイレがありますね
コメントありがとうございました。
確かに自動ドアのトイレは取扱がむずかしいところがありますね。設置者も考えているんでしょうけど。
でもさすがにちょっと入るのが怖いですね。
2011/05/30(Mon) 21:46 | URL  | kazu #-[ 編集]
Kazuさんへ
このトイレに出会ってしまって以来、トイレに入ったらこんな張り紙がないかどうかをまず確認するようになりました。
2011/05/30(Mon) 23:58 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。