脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広尾天現寺、青草か(せいそうか)の極上ランチ
2011年02月10日 (木) | 編集 |
車椅子 広尾で和食を・・・
オープンして2年もたたないうちにミシュランで2つ星デビューした名店です。

広尾駅から数分、天現寺交差点を左折してすぐの路地を入ったところに
あります。

車の場合は天現寺と書かれた立体駐車場のゲート前で車を停め、電話で
お店のかたを呼び出します。専用のカギでゲートを開けてくれますよ。

seisouka1.jpg

ゲートの中(写真で車が停まっているところ)はフラットで広いので、
車椅子ドライバーも中の定位置に停めてから下車することができます。

こちらはお店へのアプローチ。
少しだけデコボコした石づくりの道をガタガタと車椅子で通り抜け、入口の引き戸
へと向かいます。

seisouka2.jpg

引き戸の幅は充分で段差が1センチ、中に入ってゆるやかな階段を2段降ります。
車椅子のキャスター上げが得意な人ならトントンと単独で降りられる程度ですね。

seisouka3.jpg

こちらは店内から出口を見た写真。

お店に入るとすぐカウンター6席があります。車椅子で快適に利用できる高さ
なのでデートにおすすめ 席の後ろにある通路も十分だから、カウンター席の
車椅子が蹴飛ばさちゃう心配は無いでしょう。
カウンターに掲げられた店名の看板は魯山人作なんだって。

この日は8名用のテーブル個室を利用しました。
個室に入る際に靴を脱ぐようになっているので、車椅子もここで車輪をキレイに
拭くかタイヤカバーを持参しましょうね。個室入口の段差は1センチのみ。

テーブルのデザインはすっきりシンプル。テーブルの足が車椅子にぶつかる
こともなく使い勝手がとても良いです。

seisouka4.jpg

いただいた昼食のコースは12,600円。
お出汁はあくまでも上品、かつ繊細さを感じる味付けを貫いています。
大正時代のお椀でいただく松茸とハモのお吸い物は絶品
おくちに入れるとトロリと溶けちゃう水ようかんも忘れられません。(2010年9月)

接客は自然で控え目。そして器は華やか。
季節が変わるごとに訪れたいと感じるお店です。
あ、カード不可ですので気をつけてね。

青草窠(せいそうか)
港区南麻布4-2-34 天現寺スクエア1F
03-3473-3103
12:00~14:00 17:30~ 日休

ポチッとよろぴく ←車椅子でのディープなバリアフリー情報をお届け。励みのクリックを・・・

Twitter Button from twitbuttons.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。