脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コモ湖随一のリゾート
2010年09月06日 (月) | 編集 |
車椅子 ミラノのマルペンサ空港近くに用事があって、ボルミオから車で向かったあと、
帰りに 北イタリアの超一流の別荘地といわれるコモ湖のホテル
「ヴィラ・デステ」 へ立ち寄ってみましたよ。

お昼どきをとっくに過ぎた14:30でしたが、軽いランチでもしてみようかと・・・

deste2.jpg

16世紀に建てられた館が1873年よりホテルとして開業。傾斜した土地につくられた
ルネサンス庭園のモザイク、そしてまっすぐに伸びる糸杉が印象的です。

この庭園は名所としてたびたび雑誌でも見かける風景ですが、ホテルの敷地内は
宿泊客か食事の人しか入れません。
入口に門番がいます。冷やかしでは入れませんのでご注意くださいね

敷地内の散歩道は主に砂利敷きになっていますが、セレブなホテルではなぜか
砂利は定番。なので我慢しましょ~。

deste1.jpg

巨大なテントが圧巻のレストラン「VERANDA」、ここはラストオーダーが終了
していたので利用できませんでしたが、セレブなバカンスにはぴったりの
ムードですね~

さて、結局 唯一オープンしていたプールサイドのカフェ「POOL BAR」でランチです。

deste3.jpg

deste4.jpg

クラブサンドイッチ 4,000円なり。
とてもおいしいけれど、特別な材料は使われていませんから明らかに割高。
そしてオレンジジュースは 1,400円でございまする

料金には景観料も含まれているっていうことね、たぶん
そんならたっぷり見せてもらいましょうよ~、とVERANDAわきの扉から段差なしで
館に突入しちゃったりなんかして

すっかり泊まった気になっちゃった。

deste5.jpg

ヴィラ・デステ
Villa d’Este
Via Regina, 40 Cernobbio (Como)
031-3481
www.villadeste.it


ポチッとよろぴく ←車椅子でのディープなバリアフリー情報をお届け。励みのクリックを・・・

Twitter Button from twitbuttons.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。