脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアのはじっこへ
2010年07月13日 (火) | 編集 |
車椅子 ブレーシャの素敵なホテル ラルベレータで2泊の週末を楽しんだあとは、車で
イゼオ湖に沿って160キロ北上し、ボルミオ Bormioという街を目指します。

mappa3.gif

ボルミオは スイスとの国境近くです。
アルペンスキーのワールドカップ開催地としても知られる 国際的なスキーリゾート地。
今回 この地に住む日本人のご夫妻に観光案内していただくことになっているので、
普段するはずの予習もせずに お気ラクでGO、というわけ。

まずは4泊お世話になる ホテル・レツィア へ向かいます。ホテルの入口には段差がなく
建物の中も余裕のあるつくりなので、車椅子で快適に動きまわることができます。

rezia1.jpg

エレベーターは手動車椅子1台と連れが入れますが どちらかというと小さめ。
電動車椅子では利用が難しいかもしれません。

訪れたのは5月下旬。
宿泊客の多くは自転車(ロードレーサー・ロードバイク)を楽しむ人たちでした。
20人ほどの団体で、荷物を運ぶ車やツアーガイドのサポートつきで移動していくらしく
20~60才代ぐらいの幅広い年齢層で旅を楽しんでいます。
ちょうどイタリア最大の自転車レース「ジロ・デ・イタリア」開催中でもあり、街全体が
自転車の話題で盛り上がっています。

ホテル レツィア
Hotel Rezia
Via Milano 9, 23032 Bormio
+39-9342-904721


ポチッとよろぴく ←車椅子でのディープなバリアフリー情報をお届け。励みのクリックを・・・

Twitter Button from twitbuttons.com
コメント
この記事へのコメント
お元気ですか。
はじめまして、最近、ツイッターからブログを拝見しています。今回、イタリアから北に向かわれているご様子、以前、イタリアからフランスへ、ドライブで山越えした事を思い出しましたので、思わず、懐かしい風景に出会い、コメントさせていただきました。土地勘には詳しくないので、同じとは言えませんが、懐かしい風景です。ご無事なる旅をお祈りしています。孜拝
2010/07/14(Wed) 09:41 | URL  |  #-[ 編集]
フランス、いいですね
孜さん、イタリアからフランスへの山越え、素敵ですね。私はいつかトリノからリヨンへ向かってみたいと思っています。日本にいると陸路で国境を越える機会がないですから毎度ドキドキ。国境近くの街は言葉や食文化、街並みが微妙に重なり合い、どれも寛容に受け入れながら生活している人々がいて 興味深いものがありますね。
2010/07/14(Wed) 12:48 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。