脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眺めの良いバスルーム
2010年06月06日 (日) | 編集 |
車椅子 ラルベレータのとってもラグジュアリーなバスルームを紹介します。
ドア有効幅はたっぷり89センチ。車椅子専用ルームではないものの全てが
広々しているのでバスルームもやっぱり快適です。

バスタブは80×170センチの大ぶりサイズで泡ブクブクのジェットつき。
バスタブ(深さ37センチ)の中に足をのばして座った状態でカランにも手が届き
シャワーヘッドも自分ではずせるので、体や髪を洗いやすかったです。
湯量もたっぷりで ストレスなく過ごせます。

albereta8.jpg

シャワールーム(写真右側 段差が15センチ)は使用できませんでした。
ドアが内開きなので車椅子のままでは入った場合、ドアを閉められません。

albereta9.jpg

便器に手すりはないものの、後ろに寄りかかることができるし 便座の高さは
程よい40センチです。とにかく広いので車椅子でどの角度からでも便器に
横付け可能なのが助かりポイントです。

albereta10.jpg

洗面台。シンクは2つで高さ82センチ、シンクの下に車椅子のひざが入ります。
鏡は横幅2メートル以上ある大型で、とってもゴージャスです。

albereta11.jpg

4色のカラフルなチューブはシャンプー、コンディショナー、バスフォーム、
ボディローションで、これらのアメニティや石鹸はエトロで統一されています。

バスソルトがシフォン生地の小さな巾着に詰められているサービスも 女性に
うれしい心遣いだし、パフュームドタオル(香水をのついた紙おしぼり)が
あったりというのもなかなか見かけないサービスでしょ

ラルベレータ
L'Albereta
Via Vittorio Emanuele 11, Erbusco-Franciacorta (Brescia) - Italia
+ 39-030-7760550

ポチッとよろぴく 化粧用の拡大鏡は位置が高すぎて車椅子では使えないよ

Twitter Button from twitbuttons.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。