脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レース会場を下見
2008年03月13日 (木) | 編集 |
車椅子 アメリカズカップ観戦前日、スペイン バレンシアのレース会場を下見しに。
あまりバリアフリーを期待していなかったのですが、行ってみたら完璧。 jumee☆yippee4Ljumee☆yippee4R
ショップもレストランも車椅子でアクセスできるようになっていて、
車椅子トイレ便所紙 も完備してました。

62

これはイタリアのチーム ルナロッサ・チャレンジ のシンジケート。
この中に開発費 数百億円ともいわれるレース艇が格納されてるわけで。

レースに参加する12チームはそれぞれショップを運営しているので、買い物も楽しめます。
ショップで一番人気があるのは、このルナロッサ・チャレンジでしょう。 きっぱり
プラダがスポンサーなので、ウェアやグッズにはプラダのマークがプリントされてるんです。

BMWオラクルチームのショップでは BMWのロゴが刺繍してあるウェアやカバンが
あったりして、男性陣の視線も釘付けにしています。

予選シリーズの冠スポンサー ルイ・ヴィトン LV の特設ショップもオーラ全開。
お店の中では 日焼けして肌を露出したセレブマダムたちがお買い物を楽しんでいる模様。
う~ん、ちょっと別世界か・・・はあ

↓緑会場で 日本食レストラン も見つけましたよ。
その名も HA RA JU KUP ( ハラジュカップ ? )
たぶん原宿とアメリカズカップをかけてるんだと思うんだけど。

kup

これは その日本食レストランのバースペースです。

異国情緒を楽しんでいる最中だったので、結局 他のレストランで食事しちゃいましたがあせ
どのお店もゆったりとしたつくりで 通路も広いので、車椅子での移動がラクチンです。
アメリカズカップ ばんざ~い !

r

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。