脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンテナポレオーネ通りへ
2009年11月22日 (日) | 編集 |
車椅子 ミラノのモンテナポレオーネ通りといえばセレブなブティック街として有名です。
車が結構通る道ですが、両側に歩道があるので車椅子での走行は安全なほうかな。
ただし、路地と交差するたびに歩道の縁石を降りたり登ったりしなくてはいけませんので
単独行動はちょっと不便でしたしょんぼり

有名ブティックのほとんどには まず歩道へあがるために15センチの段差、そしてお店の入口に
10~15センチの段差が1段あります。

ブルガリ、グッチ、フェラガモ・・・

bulgari_entrance

gucci_entrance

ferragamo_entrance

今回はこうしたブランドショップを訪問しなかったのですが、10年ほど前にここのグッチに
入ったときには、店内奥にあるエレベーター(客用ではない)へ案内してもらい、フロア移動が
ラクにできました。

一見して店内に階段しか無さそうなお店でも、裏手に隠れエレベーターがあるかもしれません
ので ダメもとで尋ねてみるといいかもね。

ポチッとよろぴく 「らっしぇんそ~れ?」( 意味 : エレベーター?) と聞いてちょうだい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。