脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックエアって?
2008年03月01日 (土) | 編集 |
車椅子 クリックエアっていう航空会社。
聞いたことのない人のほうが多いですよね、きっと。
スペインのイベリア航空が2006年に格安さをウリに設立した航空会社で
1区間20~50ユーロ(3,200円~8,000円)、めちゃ安です。
ヨーロッパのどこかからスペインに入りたいときにおすすめ。

ヨーロッパ内では格安航空会社の生き残り戦争が盛んゆえ、運がよければ
航空券が0.01ユーロ(1円)でGETできることだってあります(笑)

なんで「クリック」っていうのか? それはネットで予約するからなんですねぇ。

air

今回はパリ(フランス)のオルリー空港からバレンシア(スペイン) 2時間のフライトです。

空港でチェックインを済ませ「介助スタッフ 車椅子 が来るからここで待ってるように」と
言われましたが、じっと待っているうちに搭乗アナウンスが始まり、
お客さんがみんな乗ってしまいました。

日本では車椅子ユーザーは先に乗るのが常識ですが・・・
ヨーロッパでは そうではないことがよくあります・・・
せっかく早めに来たのに意味ないじゃん・・・jumee☆Feel Depressed3

ようやく介助スタッフが現れ 全員が機内で座っているところに
アイルチェア(機内用の小さな車椅子)で最後に乗り込みます。

みんなジロジロ見ないでよぅ~、出発が定刻より遅れてるのは私のせいじゃないよぅ~。

さすがおニューな航空会社、機内はピッカピカ、とても清潔です。
ドリンク類は有料販売、結構売れてます。

コーヒー、エスプレッソ、カプチーノ、ホットチョコレート 1.5E
コカコーラ、ファンタオレンジ、ネスティー 2.5E
ハイネケン、ワイン 3.5E
サンドイッチとコーヒーのセット 5.0E  ほかにもいろいろ。

click


マウス(左クリック)クリックエアの予約の仕方 【車椅子の場合】

Web上で予約してそのままカード決済画面へ移動するので、お買い物感覚。
ただ、車椅子の場合はWebだけでは予約が完了しません。
1つの便に乗ることのできる障害者の人数には限りがあるらしく・・・
ネットで予約をしたあと、スペインに電話をし、車椅子であることと ネットで予約した
6桁コードを告げます。中学1年レベルの英語で十分通じますのでトライ してね。
日本の航空会社のように車椅子の種類や病名などいろいろ聞かれません。
予約コードのアルファベットを伝えるときは
「L of London」(ロンドンのL)、「N of NewYork」(ニューヨークのN)
というように念押しすると 先方に聞き取ってもらいやすいです。

国際電話って高いんでしょ、という人にはスカイプというインターネット電話がおすすめ。
日本 - スペイン 1分 3円以下アップロードファイル 安っ。

r

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。