脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渋谷マッスルシアターで筋肉鑑賞
2009年08月12日 (水) | 編集 |
車椅子 マッスルミュージカルを観よう、ということで渋谷へ行ってきました。
チケットはマッスルミュージカルチケットセンターへ電話して取り、当日カウンターで受け取り。
車椅子でのアクセス方法やトイレの有無など電話口の係のかたが詳しく説明してくれたので
当日は安心して向かうことができました。

まずは入り口のアクセス。
入り口は2か所あります。メインエントランスとなる大きい入り口には急な階段が10段以上。
なので車椅子の場合は、写真にあるようにNHKに面した小さめの入り口から入りましょう。
ゆるやかなスロープ状になっていてバリアフリーです。
↓ ↓ ↓

matsuri1

入るとすぐ右側にモンスターズカフェ。店内のテーブルはハイカウンターのため車椅子では
過ごしづらいので、天気がよければ アウトドアのテーブルを利用するとよいでしょう。

劇場内 車椅子用のスペースは上手に3席、下手に3席あり、料金はS席7800円です。
前から8列目に相当する場所で、ステージ全体がとても良く見えますよ。
付き添い1名は料金無料で、パイプ椅子のような簡易タイプの椅子を使用して隣に座ります。
この車椅子スペース、前後の長さが80センチ程度しかなく、車椅子の前後の全長より短く
なっています。そんなわけで 車椅子は正面ではなく舞台中央に向かって斜めに停めます。
一般の観客と体の向きが異なるので始めは若干の違和感を感じますが、いつも舞台中央を
見ていられるというのは 便利だなぁとも思いました。車椅子席の真後ろを演者が何度も通る
のでその様子も見やすく、楽しめます。

車椅子のまま観る専用席ではなく、車椅子から降りて観たいという人はSS席(9800円)の
9列目8~37番がおすすめです。これらの席は車椅子を横付けできるので、脊損のように
歩けない人でも移乗(トランス)が可能です。舞台を正面から見ることができ、目の前が広い通路
なので圧迫感がありません。ただし隣に座る連れの人もSS席の料金が必要になりますので
ご注意を。

この夏の演目「祭」(2009/7/18-9/27)は、とてもエキサイティングな内容でした。
特に 水槽の側面から見るシンクロナイズドスイミングの美しさには驚きました。
水槽は下手(舞台に向かって左側)にあるので、車椅子席も左側をキープすると間近で観る
ことができますよ。

感動や喜びのたくさん詰まった素晴らしい舞台でしたが、ひとつだけ残念だったのは
車椅子用トイレの清掃がおろそかであったこと トイレ

matsuri2

色々なところにホコリが積もっていたんです。(手すりの上、水槽タンクの上、便座カバーの
ヒンジ回り、便器と床の接合部分など) 床にも洗剤でちゃんと掃除すれば落ちそうなシミが。
いまどきトイレ清掃が劣悪な商業施設って滅多にないものですから、なんだかビックリ。
この日の車椅子ユーザーは私のみ。1回しか公演がない日の開場時刻(開演1時間)の時点で
トイレが不潔だったということは、少なくとも前日の終演後も今日の開場前も掃除していないと
いうわけでして・・・テンション思いきりダウン。舞台は良かったのになぁ。だだ泣き

↓ これ、かわいいね。
matsuri3

音符 マッスルシアター 東京都渋谷区神南2-1-1

r チケットがなくてもカフェとお土産屋さんには入れます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。