脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青山「ランス・ヤナギダテ」
2009年03月17日 (火) | 編集 |
車椅子 車椅子で行く ランス・ヤナギダテ
表参道 紀伊国屋の路地を入った静かなエリアにあります。

reins1

道路と敷地との境にあるL字構(高さ2センチ)を越えて少し先に進むとレストランの入口が
見えます。

階段が2段・・・ でも、私の姿を見つけたメートル・ド・テルがすぐに外に出てきてくださって
ささっとスロープを設置し、手際よく後ろからサポートしてくれました。

reins2

日曜日のランチ。開店時刻の正午前から少しずつお客さんが集まりはじめ、すぐに満席 !
私のグループを含む全員が予約のお客さんで、しかも全員女性でした 女性

どうやらココは旧友と集まるハレの日のレストランとして位置づけられている様子。
「ひさしぶり~」といった声が飛び交うとともに、いたるところでコース料理のケーキショートケーキ
ロウソクを立てたちょっとしたお祝いセレモニーをやってます。(全8組中、4組がロウソク !)

今日はレディースデーなのか? それともバースデー特典があるのか? と思ってしまうほど
でしたが、特にそのような企画ではなさそうです。

なぜこんなに女性にウケるのか・・・ これには理由がありました。

1. プリフィックス・スタイルで、自分の食べたい料理をチョイスしてコースを組める。
2. コースは3種類の価格設定。でも、その違いは品数だけ。
 料理自体は同じリストの中からクオリティを変えずに選べる。
3. 料理は素材の味を生かしたものが多く、ソースは少なめで優しい味。
4. キャラメルづくし、ショコラづくし、など女性の好むデザートの盛り合わせが充実。


女心をよ~くわかっているんですよ、お店が。

ちょっと不思議だったのは、この日 シェフの柳舘さんは厨房でほとんど料理をせず、
ホールスタッフに徹していたこと。そのほうがお客さんにとっては "シェフとお話しできる"
機会があって嬉しいのかもしれませんが、私としてはちょっと腑に落ちない気が・・・
だってシェフが料理をつくってないってことでしょ汗 (おいしかったけど・・・)

レストランの床はジュータンなので車椅子での移動は若干しづらいですが、大きなお店ではない
から さほど手間取りません。空間にはゆとりがあり、車椅子で移動しても他のかたにぶつかった
り迷惑をかける心配もありませんよ。

reins3

写真右側がトイレへ続く通路。この通路は車椅子で通れますが、その先の個室2つへは扉の
有効幅が55cm以下だったため入ることができせんでした。ただし個室の中は広いので
扉のところだけでも歩行できるかたなら、介護者と共にゆったり入れます。

アップロードファイルReins Yanagidate
東京都港区北青山3-10-13
03-3407-3538
http://www.reims.co.jp

r 今度は是非 夜に再訪したいと思います
コメント
この記事へのコメント
スロープも出せるおしゃれなお店って良いですねぇ
機会があれば行ってみたいですぅって、
 女性ばかり・・・緊張しちゃうっす。
                                                        


2009/03/22(Sun) 23:00 | URL  | ANZAI #-[ 編集]
ANZAIさん
来訪ありがとうございます。向かいにあるスーパーの紀伊国屋も改築されましたので、是非行ってみてくださいね。
2009/03/22(Sun) 23:53 | URL  | やすキチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。