脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクシブ初島に泊る
2011年07月10日 (日) | 編集 |
車椅子 車椅子で行く「エクシブ初島の旅、いよいよ宿に到着です。

ここは会員制ホテルのため、個人で会員になるにはかなりハードルが
高いのですが、多くの企業が厚生施設として契約していますので
社員旅行や研修の場としてもよく知られています

エントランスには段差がなく、ロビーも広々・・・
リゾートホテルならではの解放感でぇす

エクシブ初島のロビー

そしてこのホテルの特徴は、どのお部屋も大きいこと。
今回宿泊したお部屋はラージグレードの和洋室タイプで90平米以上です。
いわゆるスイート並みの広さですよ。

リビング

ダイニング

和室 ベッドルーム

和室への段差は8cm。

ベッドルームはドアのついた独立したお部屋になっています。ベッドの高さは
約40cmで 車椅子ユーザーにとっては ちょっと低めですが
高すぎるよりは ずっとマシ。固めのベッドなので乗り降りしやすいです。

トイレ パウダールーム

トイレのドア有効幅は50cm程度、車椅子によっては入れませんので
要注意ですね。

洗面台は85cmの高さ。
高すぎて車椅子のままで顔を洗うのは無理でした
(アゴがシンクの真上に届かないよ)

バスルーム

お風呂のドア有効幅は54cm。

また ベランダへ出る段差は20cmありました。

もっとハイグレードなタイプのお部屋もありますが、バスルームへ
行くのに階段があるものや、湯船が猫足だったりもしますので
お部屋選びの際は確認をしたほうがよいでしょう。

大浴場(露天風呂つき)は、車椅子ユーザーでの単独利用はハードです。

夕食は新和食レストラン オセアノで。
人生初、活アワビの踊り焼きを満喫しました~。
デザートはワゴンサービスで好きなだけ頂けるようになっていて
ついつい欲張ってしまいましたよ。

一般的に会員制の宿泊施設というと、もてなす側にプロがいなくて
良質なホスピタリティを期待できないケースがありますが、ここ
エクシブ初島はフロント、レストランともに 良いスタッフが揃っていて
高級リゾートホテルと同じ安心感が得られます。

都会から一番近い離島で日頃の疲れを癒しましょ

エクシブ初島クラブ
静岡県熱海市初島800番地
0557-67-3000

クリックしてね お部屋は給湯ポットやコーヒーセット、冷蔵庫、シンク完備よ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。