脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの空港で
2008年12月18日 (木) | 編集 |
車椅子 メリディアナ航空でパリのシャルルドゴール空港に着きました。
格安航空会社は、いっつも空港のはじっこに停まります。
空港が広いので成田行きの国際線ターミナルまでは空港係員が手配してくれたリフト付の
車で5分ほどかけて移動します。(でも、車が来るまでに1時間も待たされちゃった。)
車椅子ユーザーは 不測の事態が多いので、移動のときには常に時間の余裕が必要です。

空港内のマキシムで軽食を取ったあと、無線LANスポットで しばしメールチェック。

lan

椅子が固定式で邪魔・・・ 車椅子だと ちと使いづらい。

CDG(シャルルドゴール)では、車椅子ユーザーに現地のアシスタントが付き、空港内での
一連の段取りをお世話してくれます。

空港は警備が厳重で、車椅子に乗っていても容赦ありませんでした。
試着室のようなカーテンで仕切られた部屋へ入れられ、女性係員に思いっきりボディチェックを
受けましたよ。背中と車椅子の背もたれの間にも手をガッと入れて調べる徹底ぶり。
できればお尻の下も見たいとのことでしたが 「立てないもん」と拒否しましたぁ。

チェックが終わるとエルメス、ブライトリング、レスポなど ショッピングゾーンが続きます。

r さぁ、目指すはエールフランスのラウンジ !
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。