脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シラクーサの広場
2008年09月26日 (金) | 編集 |
車椅子 ホテル・デゼトランジェ・エ・ミラマーレ正面玄関前の道路です。
特に歩道はないものの、道は平らなので車椅子での走行はスムーズです。

miramare5

シラクーサの名所、ドゥオーモ広場はこのホテルのすぐ裏側にあります。
jumee☆movie1b 映画「マレーナ」 の舞台にもなった所なんですよ。

昼は穏やかな雰囲気で10人ほどの観光客がいただけのドゥオーモ広場でしたが、宿泊して
いた土日の夜にはシチリア本島からドゥオーモのあるオルティジア島に人が遊びに来て
たいへんな賑わいになっています。

夜10時の時点で500人以上の人々が広場あたりをそぞろ歩きをしていて、露店も並び、まるで
お祭りのよう。ドゥオーモはライトアップされ、バロック様式のファザードが誇らしげに浮かび
上がって見えます。

近くには子供用の移動遊園地が設置され、夜だというのに子供たちが大はしゃぎ。

そして人気のレストランは順番待ちの人だかり。コレ、夜10時の話ですよ !

警察も出動して、車輌を制限するために島の入口で検問しちゃったりなんかして。
島といっても短い橋でつながっているだけなので、ほとんど半島みたいなもんですけどね。

案の定 検問の人に車を停められましたが、島内のホテルに泊まっている旨を話すと
「防犯カメラで車のナンバーzoomzoom005 を撮影されるから、ホテルの人に許可書をFAXさせてね」
とのこと。届出のない車は取り締まりの対象になるらしいの え~びっくり


r 旅先での罰金っていうのは勘弁してほしいよねぇ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。