脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至福のディナー
2008年09月13日 (土) | 編集 |
車椅子 グランドホテル・ティメオのレストラン Il Dito e la Lunaでの夜ごはん。

夕暮れから夜にかけての美しいパノラマを楽しみながらディナーをいただくなら、
早い時刻(開店時刻19:30)の予約を入れるのがお勧めです。もちろんテラス席でね。
だって、エトナ山とイオニア海を同時に望める絶景が待ってるんだもの jumee☆camera1b

レストラン入り口には15cmの段差がありますが、そこから車椅子で入る必要は
ありませんよ。テラスへ出るドアが隣にありますので、そこを通れば段差なしです。

この日は下のテラス・↓でウェディングパーティをやっていました ウエディング

taormina4

さて。メニューにひととおり目を通した私たちは、デグスタシオンメニューをお願いしました。
おすすめの内容や人気のメニューを網羅した、イイトコ取りの欲張りなコースです。
お値段はひとり110ユーロぐらいだったかと思います。当時(2007年06月)のレートは168円
だったので、換算すると18,500円程度。ワインも料理に合わせたセレクトでついてきます
ので、コストパフォーマンスは良いと思います。

テラスはあまり明るくないので、料理がよく見えず残念でしたが、料理の随所に楽しい
仕掛けがありました。特に印象的なのは、パスタに小瓶に入ったソースが添えられて
いたこと。濃厚なキャロットソースですが後味は実にライト。いくらでも食べられます。
たくさんのお皿が続き、かなりの満腹感。でも部屋はすぐそこっていうのがイイ。
レンタカーで旅をしていると旦那様が自由にお酒を飲めないので、このホテルのように
ハイレベルなレストランが併設していると 食事の満足度も急上昇。

どのウェイターもサービスがスマートで笑顔も素敵。会話もウィットに富んでいて私たちを
盛り上げてくれます。おかげで美味しい料理がもっと美味しく感じられ、楽しく過ごすことが
できました。

グランドホテル・ティメオでの2泊はホントに至福の時でしたぁ。
街の中心部にあるにもかかわらず、リゾート感たっぷりの緑と静寂に包まれ・・・
またチャンスがあれば訪れたいと思います。


r 次は100kmほど南下した美しき古代都市、シラクーサの街へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。