脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車椅子で「つきぢ田村」
2012年11月25日 (日) | 編集 |
車椅子 なんか更新しなさすぎじゃな~い?

・・・と誰も言ってはくれない、ひっそりとしたブログなんですが。
ブログに残しておきたいレアなバリアフリーネタはまだまだいっぱいあるんです。

イタリア旅の話はちょっと退屈しちゃったので一時中断して 東京の話題へ
いきましょう。

こちらは、昭和21年創業の老舗和食店「つきぢ田村」であります。

tamura_wheelchair1

日比谷線 築地駅のエレベーター付出入り口(1番 & 2番)から わずか50m。
とても便利な立地ですよ。歩道は広く、段差なしでお店まで到着です。

予約のときに車椅子利用を伝えると スロープを設置しておいてくれます。
ゆるやかなので自力で登れちゃったわ

tamura_wheelchair2

スロープを上がったところにある入口は幅の広い自動ドア。
車椅子のままお食事をするなら1階椅子席、または4階の洋個室の利用に
なります。それ以外のフロアは和室や掘りごたつ式の個室になっていますので
車椅子から降りる必要があります。

館内には大きなエレベーターが2台あり 各階への移動は電動車椅子でも
スムーズです。

今日は1階椅子席を紹介します。
テーブルへはスロープを下りて向かいます。
(4階個室の場合はスロープなしでフラットな床になってます)

tamura_wheelchair3

テーブル席は車椅子で利用しやすい高さ、かつテーブルの足が車椅子に
当たらず ひざをテーブル奥まで入れることができます。

tamura_wheelchair4

お料理はひとつひとつがとても丁寧に作られています。
だしの味もお野菜の切り方も繊細で、一流を充分に実感しました。
こちらはコース料理「松島」10,500円の後半でいただいた煮物です。

tamura_wheelchair5

4階の車椅子トイレが完璧。
幅の広い引き戸で、電気は自動点灯、そして両手すり付きの便器。
掃除がピカピカに行き届いているところも 素晴らしいです。

tamura_wheelchair6

お手軽価格で楽しめるランチ限定の大原弁当(3,500円)もオススメ。
デザートのトロリとしたお汁粉が大好きなの

つきぢ田村
東京都中央区築地2-12-11
TEL:03-3541-2591

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
スポンサーサイト
アイアンシェフに出てたね、スリオラ
2012年11月30日 (金) | 編集 |
車椅子 今日テレビでアイアンシェフを見ていたら、以前訪れたことのある
麻布十番のスペイン料理店スリオラの本多シェフが出演していました

あのお店素敵だったよなぁ・・・
で、探してみたら写真がみつかったので急きょUPすることにしました。

麻布十番は駅にエレベーターがあり 車椅子で気軽に訪れることができる街
です。商店街にそして、駅からスリオラまでも 歩道の道幅が広くフラットだから
単独移動がラクにできますよ。

お店の前。
敷地と道路との間にある縁石部分だけは、ご覧のとおり段差あり。
こればっかりはしょうがないね。
だけどその先、ドアからお席まではフラットですからご安心を。

ZURRIOLA1.jpg

ZURRIOLA2.jpg

料理は目で驚いて、舌で驚いて、興奮の連続。
繊細でありながら大胆な料理は まるで手品を見ているみたい。
モダン・スパニッシュの真髄を体験できるレストランです。

個室とトイレは地下にあり 階段オンリーでした。

ZURRIOLA(スリオラ)
港区麻布十番3-2-7 リゾーム麻布十番1F
TEL : 03-5730-0240

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。