脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラッパ博物館
2012年05月09日 (水) | 編集 |
車椅子 バッサーノ・デル・グラッパのヴェッキオ橋をはさんで
アルピーニ博物館とは反対側にあるのが、グラッパの博物館。

蒸留酒グラッパの老舗POLIが営む ポリ・グラッパ・ミュージアム です。

poli.jpg

正面入り口には、段差が急で横幅の狭い階段があり 車椅子ユーザー
には極めて厳しい状況です。こんな階段だと介助者が無理な姿勢で
腰を痛めてしまう可能性もあるよ

というわけで車椅子でアクセスする場合は建物に向かって左手の
坂道を介助付きでのぼり、裏口のドアを開けてもらいましょ。

入場は無料で昔の醸造の機械や書物が展示してあります。
ポリのグラッパは日本でも購入可能ですよ。

Poli museo della grappa
Ponte Vecchio, 36061 Bassano del Grappa

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
スポンサーサイト
ストゥルム邸の陶器博物館
2012年05月18日 (金) | 編集 |
車椅子 引き続き バッサーノ・デル・グラッパでのお散歩です。
お次は ストゥルム邸の陶器博物館へ。

博物館前の広場はベッキオ橋の全景をバックに記念写真を撮ることが
できるベストポジションなんです

Palazzo_Sturm1.jpg

博物館の正面入り口には階段がありますが、受付に声をかけたら
20mほど離れた裏手の出入口ドアへ案内してくれ鍵を開けてくれました。

Palazzo_Sturm2.jpg

Palazzo_Sturm3.jpg

裏手にある入口はドアの幅も広~い
ここから入れば階段はなく、館内はスロープやエレベーターを使って
移動できちゃうというわけ

18世紀の貴族の館「ストゥルム邸」を改装した建物には、ベネチアや
地元バッサーノなどで作られた美しい皿が飾られていますが、
古伊万里やら中国系の皿も結構たくさん並んでいて、東洋の陶器がいかに
珍重されていたかがわかります。

Palazzo_Sturm4.jpg

ストゥルム邸の陶器博物館
Palazzo Sturm (Museo della Ceramica)
via Schiavonetti, Bassano del Grappa VI

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
マロスティカの城壁
2012年05月28日 (月) | 編集 |
車椅子 何だろ? あれ

Marostica1.jpg

小高い丘に城壁がぎっちりと突き刺さるようにして伸びています。
バッサーノ・デル・グラッパから5kmほどのところで見つけました。

なんだかわからないまま行けるところまで車で登ってみることに。
道は狭いですがどんどん上へ行けちゃいます。

Marostica3.jpg

あとでわかりましたが、ここはマロスティカの城壁と呼ばれる名所。

2年に1度 途中の広場では盛大なお祭りがあるらしい。

Marostica2.jpg

15世紀にあった「恋がたきの男同士がチェスで決闘する」という
お話にちなんで、広場の地面をチェスボードに見立て当時の衣装を
着た500人もの人々が「人間チェス」による再現劇をするという。

恋の戦いにまつわるお祭りだなんて、なんだかロマンチックね

花火も上がり盛大なイベントになるんですって。
今度はお祭りのときに来たいな。

城壁に沿ってさらに上へと登って行くと、最後に行き着いたのは
素適なレストラン。

「カステッロ・スペリオーレ」 Castello Superiore

Marostica4.jpg

Marostica5.jpg

食事どきではなかったので外から見ることしかできませんでしたが
パーフェクトなスロープもあって、車椅子のアクセスも大丈夫みたいよ。

Castello Superiore
Via Cansignorio della Scala 4 Marostica

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。