脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末年始の過ごしかた
2012年02月11日 (土) | 編集 |
車椅子 あらま・・・また更新忘れてる。
スポンサーサイト出ちゃうし

今更ですがお正月のお話しましょ
今年のおせちは青山の ランス・YANAGIDATE 二段重でした。

yanagidate

結局 元日まで待ち切れずに、大晦日の夜に食べはじめちゃいましたけどね
お肉料理のバリエーションが充実していてゴージャスでした~。
塩漬けにした豚肉のテリーヌ、鴨のコンフィ、ローストビーフなど どれも
手作りできちんと作られていて、美味しかったです。

特に赤ワインがグイグイすすんでしまったのが 豚肉のリエット。
買っておいたライ麦のクリスプブレッドにのせたら、これまた最高。
まさに肉食系おせち。
重箱の底が見えている料理もいくつかあり、昨年話題になったスカスカおせちを
彷彿とさせるものがありましたが、そんなの気にしな~いっ

二段で約四人前ということですが これまでに購入してきたおせちと比べると
ボリュームは控えめのような。それとも我々夫婦が大食いなのかなぁ!?
(ランス・YANAGIDATE お店訪問記は コチラ)



お正月には帝国ホテル本館の讃アプローズという和食ダイニングに
家族が集まりランチをいただきました。
なだ万が運営しているレストランです。

applause.jpg

エレベーターからお店までの通路は平らですが距離が長く、絨毯敷きです。
手の力に不安がある車椅子ユーザーは連れと一緒に行くほうが無難よ。

讃アプローズ」は和食店の一般的なイメージとは異なり、黒をテーマにした
シックなおしゃれ系のお店。エントランスは小さなダウンライトが天井から
何か所か当たっている程度で、視力の弱い母にとってはテーブルにたどり着く
までが暗くて不安だったそうです。

ホテル内の和食といえば年配のお客様も多いでしょうから、お店の中は
カッコつけるよりもユニバーサルデザインを優先してほしかったなぁ。

テーブルは若干低く、車椅子車椅子(オーエックス)では ひざがテーブルにぶつかって
しまいます。フットレストをはね上げて、足を床に降ろすことで対応しました。

メインダイニングには大きなガラス窓があって外からの自然光がたっぷり
差し込んでいるのですが、これがすご~いクセモノ。暗すぎる室内との
コントラストのせいで、私よりも窓寄りに座っている家族たちの顔が
真っ黒なシルエットにしか見えないのです。表情の見えない家族との会食という
のは、かなりのストレス。お正月の集まりにはちょっとふさわしくなかったかも。
(ちなみに私の視力はコンタクトをしていて1.5ありますよん)

お料理はお正月期間用のメニューになっていて1万円のコースをいただきました。
前菜は少量ずつで、お刺身は薄切りの極小カット、メイン料理は肉か魚のどちらか。
1万円のランチでメインが1種類だけかぁ・・・
しかも全然お腹いっぱいにならなくて、炊き込みご飯をおかわりしちゃったし。
ほら、やっぱり大食いなのかもね、私。

でも、デザートが5種類からひとつ選べるのは嬉しかったですね。
デザート良ければ全て良し、ということなんだわ、きっと (・・・と自分を納得させる)
他のお安い価格帯のコース(5000円)と献立が一部だぶっていたのも残念なポイント
でしたが、お正月だから勘弁してあげよう。

ここはディナータイムの接待利用のほうが向いているのかもね~

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
スポンサーサイト
サンマリノ共和国へ日帰り旅
2012年02月13日 (月) | 編集 |
車椅子 ラヴェンナからサンマリノ共和国まで。
車椅子でレンタカー日帰り旅行です。

サンマリノは東京 世田谷区ぐらいの大きさしかない小さな国ですが、法人税
税率が低いから外国企業の本社がたくさん置かれているんだって。
車やバイク のレースが好きなヒトならピンとくる地名でもありますね。

車がサンマリノに近づくにつれて 急斜面の丘の上に城壁がニョキニョキと連なる
様子が見え、下から見上げるだけでも一見の価値アリです。

途中 駐車場が何か所か現れますが、早々に駐車せずズンズン進むのがコツ。
なにしろ目的地は急な坂道だらけですから 車椅子ユーザーとしましては 許される
ところまで車のまま上がらなくちゃね

最終の屋内駐車場に車を停めたあとはいくつかのエレベーターを乗り継ぎながら
上へ上へ。

marino1.jpg

marino2.jpg


この登り坂はきつかったよ~

自力で1メートル登ったところでフリーズ状態。もうギブアップ。
だってさ~、もし手を車椅子のリムから離したら後ろに走って行っちゃうもん。
そりゃもう恐怖ですわよ

結局 介助者である旦那さまのためのトレーニングコースに早変わり。
ヒーヒーハーハー、全力で押してもらったのであります

坂道では左右にお土産屋さんが立ち並び なんだか楽しげですが
私もそれどころではなく・・・
顔を上げると重心が後ろに傾いちゃうから、うつむいて地面を見つめたままよ

・・・で、坂の上にはパラダ~イス カフェやレストランが待ち構えてます。
イタリア人観光客がほとんどです。

marino3.jpg

marino4.jpg

坂の上にて
え? なんで? こんな高台まで車で来ちゃっていいの?
私たちはえらい苦労して登ってきたのにぃ・・・
と思ったらどこかの要人さんの車だとさ。

車椅子ユーザーの車もここまで上がらせてくれればいいのにね。

リべルタ広場にあるサンマリノ政庁前です。

marino6.jpg

本来は衛兵交代をやっているし庁舎に入って議場見学もできるそうなのですが、
この日はどっちもお休み!

庁舎で公式行事があるからみたいよ。残念。
要人の車はそのために庁舎わきに停まってるのね。

丘の上から見下ろす大パノラマは素晴らしく、ちょっとした登山チックな気分を
味わった1日となりました。

基本的には階段を使う必要がなかったので、坂道さえ我慢できれば
車椅子でもなんとかなるのですが、途中故障しているエレベーターが
ひとつだけあったのが残念でした。
(下に降りたかったので 旦那さまの介助で後ろ向きにガタンガタンと階段を
豪快に下りて解決)

帰りがけに駐車場の料金支払い窓口のところで車椅子トイレを発見。
窓口で鍵を借りて利用するシステムでした。

旅をしていると毎日が日曜日のようで、曜日の感覚が鈍くなってしまいますが
この日は土日祝の3連休最終日だったらしい。
往路はラヴェンナから車で1時間で来られたのに 帰りは行楽帰りのファミリーたちの
車で大渋滞に巻き込まれ4時間もかかってしまいましたよ。

サンマリノの消費税はゼロ
だから車のガソリンは満タンにしてから帰りましょうね。

クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
旅の目的は、カランドレ
2012年02月19日 (日) | 編集 |
車椅子 ラヴェンナでの4泊が終了。
旅の途中から同行いただきすっかりお世話になった日本人ご夫妻や
彼らの親友であるラヴェンナ在住のイタリア人カップルに別れを告げ
夫婦ふたりでのレンタカー旅が再開です。

次の目的地は パドヴァ
ラヴェンナから130キロほど北上します。
途中 フェラーラの街に立ち寄ったりしながら のんびり向かいました。

padova.gif

パドヴァを目指す最大の理由は 私たちの憧れのレストランでディナーを
いただくためなんです。

レ カランドレ Le Calandre

calandre1.jpg

訪問の2日前に電話でディナーの予約をしました。
パーキングも入口も、店内もすべてバリアフリーと聞いて まずは安心。

席の予約だけでも大丈夫とのことなので、料理のほうは当日決めることに。
予約の際にはカード番号を口頭で告げる必要がありました。
無断キャンセルした場合 料金が科せられカードから引き落とされるとか。
覚悟して来いよ ってことなのね・・・

calandre2.jpg

メニューはオフィシャルサイトで最新のものをチェックできますので
事前に予習しておくとスムーズでいいですよ。

ここでのディナーは 驚きと感動の連続です

お水のはいった手吹きグラスの芸術的な美しさにうっとり・・・
針金でつくられたオブジェに刺さったおつまみにニンマリ・・・
手づかみで食べてね、というピエモンテ牛のタタキにビックリ・・・

ローゼンタールの個性的な器や、シェフがデザインして職人につくらせた
というデザート台など、一皿ごとにいちいち「うわぁ」と驚く私たち。
食材の意外な組み合わせあり、食感のお楽しみあり。
ドキドキ、わくわく。

心躍るというのはこういう気分のことなのね~。
これから訪れるかたのために、ネタばれはほどほどにしておきましょ。

カランドレを語るということは、この店のふたりの兄弟を語るということでも
ふります。史上最年少の28才のときにミシュラン三ツ星を獲得したシェフの
マッシミリアーノ・アライモ氏(弟)。
そしてサービスの一切をきめ細やかに仕切るラファエロ・アライモ氏(兄)。

彼らのお母さんがシェフの時代に既に一ツ星を取っていて、それをさらに
ふたりの息子が開花させたのだそうです。

アライモの兄さんは 私たちが東京から来たと知ると「ここの料理は東京・
丸の内のカランドリーノとは全く違うんですよ」とにこやかに説明をして
くれました。カランドリーノは比較的シンプルなイタリア料理、ここは
オリジナリティを追求した料理がテーマなんですって。

(訪れたのは2008年6月のこと。
その後2009年にカランドリーノ丸の内店は閉店してしまい、アライモ兄弟の
スピリッツを日本のレストランで味わえる機会は無くなってしまいました・・・)

calandre4.jpg

車椅子でトイレを使うなら、カランドレのものではなく併設した
レストラン(カジュアル版の「カランドリーノ」で建物は同じ)のほうが
便利ですよ、と勧められました。手すりなどはありませんが、
たしかに広くて使いやすかったです。

calandre3.jpg

予算は 飲料も含めてひとり4万円ちょっとといったところでしょうか。
高級店であるにもかかわらず 男性はネクタイをしていない人のほうが
多かったです。ジャケットを着ていない人もいたぐらい。

カメリエーレはみな優しく動きもなめらかで完璧。
アライモ兄さんもすべてのテーブルに気を配り、我々のような旅行者にも
笑顔を絶やさずスマートかつ丁寧に接してくれます。店を出るときには
シェフのアライモ弟も出てきてくれて、スター2人に見送ってもらう形と
なり、お腹もいっぱい、気持ちもいっぱい。幸せを満喫しました。

ホテルも併設していますが、どの部屋へ行くにも階段を使うので
車椅子ユーザーの宿泊は難しい状況。
マネージメントは彼らとは異なるそうで、今後もバリアフリー化の予定は
無いとのことでした。

レ カランドレ Le Calandre
Via Liguria 1 Sarmeola di Rubano
049-630303

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます

ツィッターでフォローミー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。