脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車椅子で行く青山劇場
2009年05月23日 (土) | 編集 |
車椅子 青山劇場で芝居を観てきました。

2009年5月16日(土)~30日(土)
伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演
「喜劇 日本映画頂上決戦~銀幕の掟をぶっとばせ!~」


まずは【チケットのとりかた】から。
伊東四朗、三宅裕司の共演というわけでチケットが取りにくいといわれていますが、運良く
予約開始日にチケットぴあでゲットできました。そのあと主催者側に電話して車椅子である
ことを伝えるだけで準備は完了。
→人気のチケットの場合、このように先に自力でチケットを取得する必要があります。

今回取れたチケットは通路側ではなかったので車椅子での横付け&トランスは難しそう。
そんなわけで車椅子専用席への振替えを依頼しておきました。



青山劇場は駐車場完備なので車椅子ユーザーにおすすめ !

aoyama_1.jpg

立て札が邪魔なんだけど、このスペースにたどり着く少し前に有人の事務所前を通過しますから
単独移動している車椅子ユーザーは係員さんに車の中から声をかけて、立て札をどけてもらうと
良いでしょう。3台置けるようになっています。

駐車料金の障害者割引はありませんが、劇場の半券を見せると3時間分が半額になるという
サービスがあり、この日支払った駐車料金は1,000円以下 給料日♪

この駐車場は地下2階。
そして、車椅子ユーザー用の特別な劇場出入り口は地下1階にあります。

でも、一旦1階に上って自動ドアで建物の外に出てから劇場正面玄関へ行き、階段約5段分の
ゆるいスロープを降りて係員さんに声をかけ誘導の依頼をする必要があります。
これ・・・段差がないとはいえ、ちょっと面倒ですね。人も多いし・・・
連れがいる人はこの一連の作業を連れにおまかせして、駐車場のエレベーターホールで待機
していれば楽チンかもよ~。

aoyama_2.jpg

車椅子席の場所は1階中盤の左右それぞれにあります。椅子が3個並んでいて、その横に
車椅子2台分のスペースがあります。前列の人が立っても舞台がよく見えますし すぐ後ろには
座席がないので、車椅子の座高が高い人でも後ろに気兼ねすることなく快適に観劇できます。
ありがたいのは、連れが臨時のパイプ椅子ではなく 普通の観劇用の椅子に座れること。
また車椅子の仲間同士で並んで観ることもできますので、いろいろな状況に対応できます。

係員のかたはとっても親切です。慎重に誘導してくれますし、休憩時間や終了後には
公演グッズの売店やトイレなど「行きたいところはありませんか」と声をかけてくださいました。

芝居もホスピタリティも100点満点 ! ストレスフリーの劇場でした。

学校 青山劇場 東京都渋谷区神宮前5-53-1

r コント赤信号 14年振りの舞台共演が見もの すきっ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。