脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
濱田家はミッドタウンで
2009年04月10日 (金) | 編集 |
車椅子 濱田家(はまだや)というと、「お富、久しぶりだ~なぁ」の名ゼリフで知られる歌舞伎の
舞台、今の人形町にあたる玄治店(げんやだな)の料亭として知られています。

人形町本店は、玄関先に黒塗りの車がずらりと待機していて いかにも料亭~っという
たたずまい。政治家さんやら企業のえらい方々が利用していますので、凡人がちょっと気軽に
「行ってみようか」と言えるようなお店ではありません。

しかし、そんな敷居の高い濱田家が、今をときめく六本木ミッドタウンに誕生しているというから
ちょっと驚きです。もちろんイチゲンさんOKだというので、ランチに伺うことになりました。

ミッドタウンの敷地のなかには いくつもの飲食店が集まっているのですが、濱田家は
それらとは全くことなるエリアに存在していて、お店の入口がとても見つけにくくなっています。
地下鉄大江戸線で来るのであれば六本木駅はバリアフリーですしミッドタウンに直結している
から比較的スムーズに濱田家へ到着できるのですが、車椅子ユーザーが地上からアクセス
する場合には少し注意が必要です。

では、詳しく説明しましょう。
六本木の交差点から外苑東通りを乃木坂方面に向かうと右側にミッドタウンが出てきます。
ミッドタウンに沿って右折すると、最短距離で濱田家の正面玄関前に出るので 一般的には
この方法でお店に入るものなのですが、正面玄関って こんなふうになっているんです。

hamadaya1

・・・コレじゃ、車椅子ユーザーには無理ですね がーん2
なので段差ゼロで行ける迂回路を紹介します。

まずはミッドタウン内1F、スターバックスなどがあるキャノピー・スクエア(イベントスペース)へ。
スィーツで有名なToshi Yoroizuka、レストランのBa-tsuに続いて自動ドアがあるので、その
ドアをぬけて右へ曲がります。すると間もなく濱田家に到着。全く段差なしで到着できました。
ミッドタウンのHPを見ても車椅子での濱田家へのアクセス方法については説明がないので、
是非参考にしてください。

hamadaya2

エントランスには上の写真のとおり若干 石畳のでこぼこがありますが距離が短いので
許容範囲かと。キャスターを上げつつひょこひょこ進み、自動ドアをくぐると あとはお席まで
ずっとフラット。厚いじゅうたん敷きですので、車椅子での走行にはかなり抵抗が加わり、
腕の力が必要ですけどね。食前の運動ってことで。
今回お世話になったのは、個室「櫻」。

hamadaya3

テーブルの高さは やや高めの75センチなので、いくつも車椅子を持っている人はテーブルに
合わせた高さのバージョンに乗っていくことをおすすめします。写真のとおり、ひざを入れ易い
ですし、テーブル下に邪魔な突起物などもありません。

いただいたランチメニューは紫苑(しおん) 12,600円です。
どれも美味しかったけれど、だしが利いたフグちりや、昆布で炊き上げた〆めの鯛ごはんが
絶品でした。季節が変わったら またお邪魔したいなぁ。

アップロードファイル玄治店 濱田家(げんやだな はまだや)
東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウンイースト
03-5413-0204
http://www.hamadaya-midtown.com/

r 店内は車椅子トイレがないのでショッピングエリアで利用しませう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。