脊髄損傷の主婦が綴るバリアフリー情報です。 車椅子で「どこまで行けるか」を日々追求しています♪ 誰でも知ってる情報ではなく、ちょっと特別な場所を中心に集めました。段差の状況を目で確認できる写真も掲載します。ただいま北イタリアのグルメ旅と、ベネチア発コスタ社客船クルーズの情報を順次UP中。そして最近凝っているLCC国内旅行も。車椅子でのバリアフリーな旅のヒントにしていただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奄美のカフェ 車椅子でラクラク
2016年06月26日 (日) | 編集 |
車椅子 海沿いのおしゃれカフェ「奄美きょら海工房」。 入り口は階段2段かぁ・・・

fc2blog_20160626215427d16.jpg

と思ったらスロープがありました!
おしゃれな雰囲気をキープしたままで、スロープがさりげなく付いているなんて素敵。

fc2blog_2016062622453566f.jpg

fc2blog_2016062622453800b.jpg

店内はもちろんのこと、オーシャンフロントの屋外席にも段差なしで行けますよ。
本業は黒糖加工品の製造販売とのことで、おしゃれなパッケージの黒糖スイーツがたくさん並んでいるからお土産の購入にもおすすめ。

奄美きょら海工房
鹿児島県奄美市笠利町大字用安1254-1
0997-63-2208
スポンサーサイト
カヌー乗り場
2016年02月23日 (火) | 編集 |
奄美 マングローブパークのカヌー乗り場です。



はじめの下りの階段10段は、スロープを利用できますが、水面へと続く次の10段は男性スタッフの皆さんに体を持ち上げてもらい 直接カヌーのシートの上へ着地させてもらいました。そんなわけで、全く濡れません。



スタッフの皆さんはしっかり腰まで水に浸かって参加者全員の乗り降りをサポートしてくれます。

途中でグループごとにカメラのシャッターを押してくれるサービスもありました

黒潮の森マングローブパーク
鹿児島県奄美市住用町石原478
0997-56-3355
マングローブでカヌー体験
2016年02月22日 (月) | 編集 |
車椅子ユーザーで長座位のバランスがとれる人なら、レンタルのカヌーそのまんまで問題なくカヌーを楽しめます。



奄美大島の「黒潮の森 マングローブパーク」では電話予約の際も、現場でも、車椅子ユーザーであることをつたえたところ何も躊躇することなく「大丈夫ですよ~」とスムーズに受け付けて頂けました。



駐車場には車椅子スペースがあり、建物の階段もスロープで回避。建物内で料金を支払い、乗り場までの約100mの移動は段差がなく舗装された遊歩道で快適です。



黒潮の森マングローブパーク
鹿児島県奄美市住用町石原478
0997-56-3355
やけうちの宿 水まわり
2016年01月31日 (日) | 編集 |
奄美大島 やけうちの宿の写真は まだあります。
コテージ内キッチンはシルプルで車椅子ユーザーにも使い勝手の良いつくりになっていました。



洗面台は朝シャン用でシンクが深く カランのノズルを引き出せるから、車椅子ユーザーは顔を洗いやすいですよ。シンクの下にヒザが入らないので横向きにアクセスする必要があります。
お風呂への段差は下り5センチ、湯船が広~い。





宿泊者は隣接する公衆浴場(村営)の利用券をもらえます。
建物の入口はスロープになっていたけど貸切風呂は無いとのことだったので私は遠慮しました。
旦那さま曰く サウナも付いてて良かったよ、とのことです。地元の人で賑わっていました。



鹿児島県大島郡宇検村湯湾大潟浜2937-86
開運の郷 やけうちの宿
0994-56-5656
奄美大島のコテージ
2016年01月17日 (日) | 編集 |
「やけうちの宿」にはホテルタイプの「きょらむん館」8室と、コテージ5棟があります。
今回泊まるのはコテージ、だって広いんだもん!

コテージへ向かう小道は段差がありません。



コテージ入口は こんな感じです。
ドアを入ると狭い玄関内で直角に左へ曲がり乗り上げなくてはなりません。というわけでOXの車椅子で前輪を上げた状態で、強引に後ろから向きを変えてもらいクリアしました。幅の広い介護用の車椅子だと曲がりきれませんね。



室内は広さが43.3㎡もあるので、ゆったり過ごせますよ。
天井が高く開放感があるのも魅力。シーリングファンを回せるようになっています。



とにかく広いので車椅子でス~イスイ。



トイレは車椅子用ではありませんが、引き戸になっていて 車椅子のままで入った状態でドアを閉めることができました。ナイスです。



鹿児島県大島郡宇検村湯湾大潟浜2937-86
開運の郷 やけうちの宿
0994-56-5656
車椅子で行く奄美大島の宿
2016年01月17日 (日) | 編集 |


鹿児島 奄美大島の旅。
宇検村にある「開運の郷(さと) やけうちの宿」に泊まりました。
まずはエントラス。広い自動ドアで段差なし、貸出用車椅子も完備です。





フロント前にはとても広い車椅子トイレがありましたよ。



ロビーも清潔感があって素敵。



正面に見えるドアを開けると「奄美のとぅぐら宇検食堂」があります。
とぅぐら というのは奄美の言葉で台所という意味なんだって。

鹿児島県大島郡宇検村湯湾大潟浜2937-86
開運の郷 やけうちの宿
0994-56-5656
オリンピア メイン通りはバリアフリー
2015年02月20日 (金) | 編集 |
車椅子 コスタセレーナ寄港地カタコロンでオリンピック発祥の地オリンピアへ。

オリンピア遺跡を見学したあとは、バスの集合場所でもあるメインストリートへ
みんな自然に集まってきます。遺跡からメインストリートまでは下り坂だけなので
車椅子でもラクに移動できました。

メインストリートは車道と歩道の間の段差が1.5センチ以下。
日本の都市部よりも車椅子に優しい設計です。
お土産屋さんがたくさんあり 楽しめますよ。

costserena_katakolon6

インターネットカフェもあり。

costserena_katakolon7

バス出発までの空き時間は皆さんこのあたりでのんびりと過ごします。

costserena_katakolon8

メインストリートには銀行ATMもたくさんあるから ユーロの入手がスムーズです。
VISAなどクレジットカードでのキャッシングはレートもよくオススメ

costserena_katakolon9

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
オリンピック発祥の地へ
2015年02月09日 (月) | 編集 |
車椅子 3日目 客船コスタセレーナが ギリシャの カタコロン Katakolon
寄港しました。
オリンピック発祥の地に近い街として多くのクルーズ船がここに立ち寄ります。

オプショナルツアーが5種類あったので、車椅子OKの表示がついたコース
「オリンピア遺跡」49ユーロを申し込みました。朝8:15発 約4時間のツアーです。

ここで要注意なのは 車椅子OKマークは全行程がバリアフリーですよという意味
ではなく、目的地でのアクセスは問題ないよ、という意味なんです。
(これはパンフレットにも英語で明記してあります)

バスそのものは、ほ~ら階段バッチリありますから。

costserena_katakolon3

バスの階段は日本の観光バスと同じように幅が狭いので車椅子に乗ったままでは
どうにもなりません。基本的にバスの乗り降りについてのお手伝いはありません
ので自力でなんとかするしかありません。(これもパンフに明記)

私は立つことや歩くことが全くできないため、旦那様にお姫様だっこをしてもらい
狭い階段を登りました。

オリンピア遺跡の入口、ちょっと砂利道ですが許容範囲。

costserena_katakolon4

オリンピア遺跡の中は本当にバリアフリーになっていました。
ちょっとした段差にも丁寧にスロープが付けられています。

costserena_katakolon5

競技場の跡はただの広場で地味です。
とりあえず皆さん 仲間同士でかけっこしてみたり、よーいドンのポーズを写真に
撮ったりして それなりに楽しみます。

costserena_katakolon2

車椅子ユーザーだって お水飲めるもんね。
車椅子で使えるトイレも数か所ありました。

costserena_katakolon1

この日のツアーガイドさんは現地ギリシャのツアー会社に勤める女性だった
のですが、ガイドの途中で突然 私に流暢な日本語で話しかけてくれました。

日本語も話せるんだけど、今日はコスタ社との契約で英語以外でガイドしては
いけないの。だけど困ったことがあったら言ってね!


ホッとするひとこと頂きました、嬉しかったな


クリックで応援してね ←車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
はじめの寄港地バーリ(Bari)はイタリアのかかと
2015年01月30日 (金) | 編集 |
車椅子 ベニスを出発してアドリア海を航海するコスタセレーナ
2日目に入り はじめの寄港地はバーリ、イタリア地図のかかと部分です

だけどここでのフリータイムは11:30~14:00の2時間半しかありません。
港からの観光ツアーはバスと自転車の2種類。

私たちは観光には出かけず、軽く港の回りを散策してみましたよ。

コスタセレーナバーリ1

コスタセレーナバーリ2

港の建物は立派で綺麗、そして車椅子のスロープも完備していて快適でした。

お昼どきということもあり、ゲストのなかには船の外に遊びにいかない人も結構
います。船内のアクティビティが充実していて、寄港中といえどもプールサイド
ではダンス講習があったり、スパではエアロビクスがあったり。

14:30に再び出港してからは 早々に避難訓練がありました。
訓練はどの客船でも必ず全員参加で行われます。
部屋に常備しているライフジャケットを身につけて それぞれ指定の集合場所に
集まるというものです。

この日の催しでちょっと変わっていたのは、夜のディスコでのシングルスパーティ。
ひとり旅の人たちが集まり 友達を作ろうという企画です。

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
はじめの夕食ボンボヤージ ディナー
2015年01月25日 (日) | 編集 |
車椅子 コスタセレーナ1回目の夕食、ボンボヤージ ディナー (Bon Voyage Dinner)。
なんと日本語メニューが出てきましたよ、これは便利

前菜、スープ、パスタ、メイン、サラダ、チーズ、デザートの各カテゴリーから1品ずつ
好きなものを選びます。バラエティーに富んでいるので好き嫌いで悩まされることも
ありません。ベジタリアンメニューも一緒に記載されていますよ。
品数が多すぎると感じる場合は 途中を省略するといったリクエストもできます。

costaserena_dinnermenu.jpg

デナー、オーベン焼きなど ちょっと誤字の多いメニューなんだけど 日本語というだけで
料理の内容が確実にイメージできます。

costaserena_dinner.jpg

今回 コスタセレーナには日本人乗務員がおひとりいらっしゃいました。
前回のロイヤルカリビアン社のクルーズには無かったことだし、今回も部屋に入る
まで知らされていなかったので とても驚きました。

部屋のベッドの上に日本語の船内新聞が用意されており、今日は日本語での
説明会があるから来てね、との記載。
説明会には3組の日本人客が参加しました。

日本語でお世話してくれる乗務員がいてくれるのなら、海外クルーズの
日本人客も今後増えてくるでしょうね。

クリックで応援してね 車椅子でのディープなバリアフリー情報、まだまだ続きます
←ツイッターやってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。